起源の光・終焉の闇事前評価比較

時空転生ローテーション環境は新リーダーのネメシスは早々に戦線離脱し、ちょくちょく一部の熱狂的なファンによる研究で戦えるデッキにはなっていましたが、終ぞ高Tierに現れることはありませんでした。一方、ネメシス以外では主だった新カードの活躍も少なく、ローテ落ちの影響が少なく、僅かな恵みを活かしたアーキタイプが活躍していましたが、バハムートがナーフされると自分のアミュレットを破壊しない効果を悪用した無謀ドラゴンや峡谷ドラゴンが元気よく暴れまわり、ナーフ前から元気一杯だった秘術ウィッチ、ミッドレンジネクロ、ドロシーウィッチと仲良く傍若無人な振舞いを行いました。
一方、アンリミテッドでは制限カードによってパワーを落とされながらもアグロ、アグロメタ、超越がメタの三角関係を築きつつグルグル回っていました。

時空転生環境の振り返りはこんな感じですかね。今回もメンテ中の暇潰しの種として、時空転生の新弾評価の攻略サイト間比較をやってみたいと思います。
私の新弾考察はいつも通りGAME BOXの方にまとめていますので、詳細はこちらでご覧になってください。
なお、強豪プレイヤー有志による新カード評価はこんな感じだったようです。

続きを読む

時空転生事前評価反省会

時空転生ってだいぶ前にナーフあったんですが、ナーフ前のこと、覚えていますか?
こんな環境だったみたいですね。
ナーフ前はミッドレンジネクロ、秘術ウィッチ、魔海ドラの3強でした。ドロシーウィッチに関しては単に研究が甘かっただけでしたので、事実上ミッドレンジネクロ、秘術ウィッチ、魔海ドラ、ドロシーウィッチの4強だったというのがしっくり来る考え方になりそうです。

アレ?これ、ナーフ後も変わんなくね?????

ネメシスっていう新リーダーが追加されたけど、どう考えても秘術ウィッチとミッドネクロが強いよなーって思いつつも、「いや、流石に新リーダーが弱いわけがない、俺たちは何かを見落としてるんだ!」と考え、ネメシスに高評価を付けて玉砕したことが記憶に新しいですね(遠い目
自分の感性を信じて強気に評価していれば無限に勝てたのに…
攻略サイトは私も含めてどのサイトも圧に負けてデウスエクスマキナはS評価にしていたので、今回の反省会は主にネメシス内での評価がどうだったかという、どんぐりの背比べでお送り致します(ぁ
ちなみに、時空転生の各所の評価はこんな感じでした。
うん、今見直すと明瞭なんですが、この新弾評価、ネメシス成分除くとすっげぇ詰まらなそう(ぁ
というわけで、開幕から既にちょっとアレな雰囲気ですが、反省会、はっじまるよー。

続きを読む

時空転生事前評価比較

原初ドラゴンの暴政がナーフされ、群雄割拠の時代となる環境でした。
原初、エフェメラ、トランプの大型ナーフから、超越、破魂、巫女にそこそこのナーフが入りました。
当初の環境に比べ、先攻で~されたら負けというゲームは減ってきたように思います。
次弾ローテーション環境ではアグロに有用なカードが大量にローテ落ちし、アグロに有用なカードが少なかったので進化権を使い切る前に終わるようなゲームは減少しそうな見通しです。ロングゲームはプレイ分岐が増えるので楽しみですね。

ワンダーランドドリームズの時は「これは絶対にヤバい」というような雰囲気になり、実際にヤバかったのですが、SFLではむしろパワーの高いカードが少なすぎて大丈夫なのかという不安が多かったような気がします。実際には原初以外にも様々なデッキが出てきて、バラエティに富んだ環境になりましたかね。
あっ、でもプリンセスジュリエットは出しちゃダメでしょって一部有識者間で語っていたのはやっぱりダメだった感ありますかw
まぁ、悪かったのはダラダラ天使だったようには思いますがwww

さて、SFLの総評はこんなものとして、今回もメンテ中の暇潰しの種として、時空転生の新弾評価の攻略サイト間比較をやってみたいと思います。
私の新弾考察はいつも通りGAME BOXの方にまとめていますので、詳細はこちらでご覧になってください。

続きを読む

星神の伝説事前評価反省会

原初ドラゴン一強環境から始まり、ナーフ後は非常に混沌とした環境を歩んだSFL環境でしたが、29日のアップデートで終わりを告げようとしています。
SFL環境は今までの環境の中で最も多様なデッキが群雄割拠した時代で、大型大会ではかなりデッキ選択の勝利とも呼べるような好成績の残し方も散見されました。

さて、そんな環境の事前評価を振り返るにあたり、ナーフ前環境がどんな環境だったか思い出してみましょう。

原初ドラゴンとアグロロイヤルに対して、アグロロイヤルに対して強いニュートラルエルフが急激に追い上げて、最終的には原初一強にアグロロイヤル、ニュートラルエルフの二強のどちらかをペアとして採用する構築が主流となっていました。
それ以外では骸階段が話題になり、かつ使用率も良かったようです。次点はデッキの比率でみると秘術ウィッチやコントロールヴァンパイアが多かったようですね。って昆布なんて本当にいましたっけ…?(汗 骸階段までしかいた記憶ないんですがw

実際にどのような評価がなされていたかと言うとこんな感じでした。
対空射撃を最高評価とし、星導の天球儀、トワイライトクイーン、アンドレアルフス、プリンセスジュリエット、聖法の教師・フロウなどが高い評価を得ていたようです。全体的にはOTKエルフ最強派閥とアグロエルフ最強派閥がバチバチ論戦を交わしていたように思います。私はアグロエルフ派閥でした。あれー?原初の竜使いのこと、みんなどんな評価してましたー?
それでは、実際にどのような評価だったか、概ね勝負が着いたと言えそうなカードを順に見ていきましょう。

続きを読む

星神の伝説事前評価比較

ワンダーランド・ドリームズは3度のナーフを受け、原型を留めない新弾となりましたが、今日は楽しい新弾リリース日です。
私個人は自身のプレイングスキル向上が勝率に反映出来るかどうかが最も重要な楽しさの基準だったりするので、なんだかんだシーズン通して楽しめた類の人だったりするのですが、ニュートラル構築の代わり映えのしない展開模様が凄く不満だった人は多かったようです。
私個人のワンダーランド・ドリームズへの大きな懸念は、超が付くほどの先攻有利アグロ塗れクソ環境になる不安だったのですが、実際には一番酷い時期でもちょっと腹立つレベルには先攻有利だけど酷い引き格差が無ければ腕前の差があればどうにかなることが多い、ぐらいの先攻有利度だった気がしますね。
ただ、「ニュートラルが多くなり過ぎて飽きるんじゃないか」という不安を挙げた人の不安はまぁ的中する形になりましたね。9月末アリスナーフという結果は運営側が想定の甘さを認めた形になるナーフだったのかな、と。(そもそも、なんでニュートラルを強化したら盛り上がると思ったのかは謎ですがw)

さて、そんな波乱万丈なワンダーランド・ドリームズでしたが、星神の伝説も現行環境の再三に渡るナーフに続けて、パワーの低いカードの先行紹介が続き、極め付けに滅殺の鎧なんていうゴミオブゴミのレジェンドを出して、割と温厚なユーザーまでブチ切れツイートをするという阿鼻叫喚もありましたが、カードが出揃ってみれば「楽しみ」とする声の方が大きくなっているように思います。
私自身、ワンダーランド・ドリームズは楽しみさよりもむしろ環境がぶち壊しになる不安の方が大きかったぐらいでしたが、星神の伝説のリリースは今までの新弾の中でも一番楽しみかもしれません。ドロソが嫌いなカードゲーマーはいないのです(ぁ
全体として、ゲームを台無しにする畏れのあるパワーカードも枚数は少なく、パワーカードは選択肢を増やすような形に設計されたものが多いように思います。
ワンダーランド・ドリームズもニュートラル昏きという化け物デッキが僅か2日で開発されてしまうまでは、過去最高に楽しい環境が続いていたところから急転直下で前代未聞のクソ環境と呼ばれるところまで落ち込んでしまったので、星神の伝説でも誰かが凄いデッキを開発してしまうとアレかもしれませんが、ともあれ随所に工夫は見られたと思っています。

さて、全体の総評はこんなものとして、今回もメンテ中の暇潰しの種として、星神の伝説の新弾評価の攻略サイト間比較をやってみたいと思います。
私の新弾考察はいつも通りGAME BOXの方にまとめています。
また、強豪プレイヤー14名の新カード評価まとめでも私と13名の強豪プレイヤーの評価まとめが載っていますので、未読の方はそちらの方もご覧になると面白いかもしれません。
なんかもう、並べた時点で「流石にAは付け過ぎたな、死にたい」と思うカードがいくつかあって既に反省会フラグなのですが、意見の割れているカードなんかは特に見どころだと思います。

続きを読む

ワンダーランド・ドリームズ事前評価反省会

2度のナーフを経て遂にワンダーランド・ドリームズ環境が終焉を迎えようとしていますね。
色々と激動の環境でしたが、事前評価はナーフを考慮しない環境での評価を私は考えていますし、その前提で行っている方がほとんどだと思います。
反省会に関してはとりあえずその前提で考えようと思いますので悪しからず。

さて、ワンダーランド・ドリームズの評価と言えば、私は
先攻強すぎるからゴブリンリーダーはオーバーキル。後攻で強いラプンツェルが最終的に勝利する
という大変大胆な予想を行い、見事に爆死したことが記憶に新しいわけですが、さて、全体的な評価はどんな感じだったでしょうか。
それぞれ見ていきたいと思います。
ちなみにナーフ前最終環境のこと、もう覚えてない人も多いかもしれませんが、こんな感じでした。
ちなみに、強豪プレイヤー9人による予想はこんな感じでした。ゴブリーにS付けてる人いませんでしたし、今回は結構どっこいどっこいで全滅してる感がありますねw
戦犯級の考察ミスもいくつかありましたが、こうしてみるとあるじってやつが魔海とかプリスとかヘクトルとかA評価ラインで意外といい評価してるように見えます(((
最近は新弾のお祭り感増してきて、考察を挙げている方がたくさんいますので、ここに紹介されていない知られざる名評価者が結構いそうです。
ゴブリーS付けてた人、TL眺めただけでも何人かいた気がしますし。

続きを読む

ワンダーランド・ドリームズ事前評価比較

さて、明日は待ちに待ったドラネク環境からの解放ワンダーランド・ドリームズのリリース日ですね。
まぁ、私個人はなんだかんだでドラネク環境でも楽しめたんですが、もう少し色んなデッキを試してみたさはありましたね。
さて、今回もメンテ中の暇潰しの種として、ワンダーランド・ドリームズの新弾評価の攻略サイト間比較をやってみたいと思います。
私の新弾考察はいつも通りGAME BOXの方にまとめています。
また、強豪プレイヤー9名の新カード評価まとめでも私と8名の強豪プレイヤーの評価まとめが載っていますので、未読の方はそちらの方もご覧になると面白いかもしれません。正直、「それは尖り過ぎだろwww」と突っ込みを入れたくなる評価などもあって楽しいですw

さて、実際に評価比較への移っていきたいと思うわけですが、サイトごとに評価基準は異なるかと思いますが、私の基準は概ね

S評価:Tier1級のパワーを持ったデッキの核になる、またはTier上位級のデッキ複数で頻繁に積まれることが予想されるカード。
A評価:キーカードではないもののTier上位の何かしらのデッキにおいて常連になることが予想されるカード。または、そこそこのコンセプトデッキのキーカード。
B+評価:トーナメントシーンで使われるデッキにおいて実際にそこそこの比率で採用される可能性が高いと考えているカード。またはおもちゃの主原料。
B-評価:トーナメントシーンで使われるデッキにおいて採用選択肢には入ってくるかもしれないが、実際に採用される可能性は低いと考えているカード。
C評価:まともなデッキに入ってくるとは思えないが、そのカードを出すことで解決する場面が存在すると思っているカード。
D評価:勝率を上げたいなら絶対にデッキインすべきではないと思っているカード。

のようになっています。
比較するサイトは

GAME BOX
GameAI
GameWith
アルテマ
AppMedia new!

となっています。今回は私の観測範囲でも個人で評価一覧を出している方が結構いらっしゃいましたが、捕捉し切れないので無しでw
これらのサイト間で評価が割れているカードをピックアップして紹介していきたいと思います。評価がサイトごとにバラつきがあるカードというのは要するに新弾環境でどうなるか予想が付きにくいカードということで差が付きやすいカードだと思って見ていくと良いのではないかと思います。

なお、どのサイトも攻略サイトという特性からか、比較的おもちゃに甘い評価を付けているのが印象的でした。

それでは、見ていきたいと思います。私の評価が高い順に並べていきます。
なお、今回は評価上位での違いは重い差で、評価下位での違いは軽い差と考え、S評価があるものは差が小さくても取り上げてみたいと思います。

トランプナイト招集

続きを読む

神々の騒乱の事前評価反省会

「過去に縋るものに未来は無い。
だが、過去を振り返らぬものにもより良い未来は無い。」

とそうゆうわけで、神々の騒乱環境の事前カード評価を反省して行こうと思います。
まぁ、反省とかそれ以前にそもそも私は並みいる考察者が軒並みS評価を付ける中、水竜神の巫女をB+評価したという戦犯考察を行ったという前科を作ってしまったので、まずはその弁明をさせてください(ぁ

神々の騒乱環境のカードプールに対する私の印象は「アグロ、コントロール、コンボのそれぞれにバランス良く強そうな新カードが出てるな」というものでした。
その中でも解りやすくパワーが高いと感じたのはアグロネクロ。あと、弱いわけがないと全幅の信頼を寄せていたのがアグロエルフでした。アリサちゃんは主人公なんだからサイゲが弱く作るわけないだろ、と。
環境はこれらからスタートするという読みをしていました。
これらのアグロデッキに強いのが、コントロールロイヤルやコントロールヴァンパイアなどのコントロールデッキとなります。コントロール重視の構築にはアグロを止めるだけの力がありそうでしたし、実際アグロを止める力「は」持っていました。
そして、これらのコントロールデッキに対しては超越ウィッチやランプドラゴンなどのデッキが強いことを想定していました。
ですが、これらの構築はデッキの性質上最初に流行るアグロを弱点としがちです。一度流行ったアグロは余程コントロール一色の環境にならない限り勢力をそこまで落とすことはなく、超越ウィッチが環境に関わらず常に一定の勢力を持っている都合などもあり、環境がコントロール一色になることはないと考えました。

続きを読む

神々の騒乱の事前評価比較

神々の騒乱リリースを明日に控え、メンテ中の暇を持て余しているみんなに暇つぶしの種を差し上げますよ!
っというわけで、今回も各攻略サイトの評価比較をやろうと思います。ちょうど本家で強豪プレイヤーの考察比較をまとめているので、そっちの考察も面白そうだったのですが、協力して頂いた方々に失礼があると申し訳ないのでこちらに関しては「フェアリーケージそこそこ強いと思うから覚えとけよ、うわぁーーん」ぐらいのコメントだけにしておきます。文中では軽く触れると思います。
わざわざ私のサイトまで見てくれるような方は既に見てくれているような気もしますが、個性的な評価も結構あって非常に面白いので、まだ見ていない方は是非見てみてください。
さて、私の考察はいつも通りGameBoxに寄稿したわけですが、事前評価をまとめている攻略サイトがいくつかありますので折角なので評価を比較して見てみたいと思います。
評価がサイトごとにバラつきがあるカードというのは要するに新弾環境でどうなるか予想が付きにくいカードということで差が付きやすいカードだと予想することが出来ます。

サイトごとに評価基準は異なるかと思いますが、私の基準は概ね

S評価:Tier1級のパワーを持ったデッキの核になる、またはTier上位級のデッキ複数で頻繁に積まれることが予想されるカード。
A評価:Tier上位の何かしらのデッキにおいて常連になることが予想されるカード。ないし、様々なデッキに幅広く選択肢に上がるカード。
B+評価:トーナメントシーンで使われるデッキにおいて実際にそこそこの比率で採用される可能性が高いと考えているカード。
B-評価:トーナメントシーンで使われるデッキにおいて採用選択肢には入ってくるかもしれないが、実際に採用される可能性は低いと考えているカード。
C評価:まともなデッキに入ってくるとは思えないが、そのカードを出すことで解決する場面が存在すると思っているカード。
D評価:勝率を上げたいなら絶対にデッキインすべきではないと思っているカード。

という評価基準になっています。色んな人やサイトを見た感想としては、この評価基準はかなり甘めの基準になっていると思いますので、比較評価する時にはそこは差し引いて考えないといけないでしょうね。
私が見た範囲で全カードの評価を行っていたのか下記4サイトでしたので、これらの評価で大きく異なる評価があったカードをピックアップして比較してみたいと思います。

GAME BOX
GameAI
GameWith
アルテマ

それでは、見ていきたいと思います。
私の評価が高い順に並べていきます。(配信の時にルミナスメイジがベスト3って言いましたけど、よく考えたら違いましたw)

ビートルウォーリア

続きを読む

バハムート降臨事前評価反省会

神々の騒乱の考察もGAME BOXの新弾考察の方で行っております。バハムート降臨に関しても考察を行いましたが、結果は悲喜こもごもといったところでしょうか。
バハムート降臨に関しては各種攻略サイトの事前評価と比較してどのように予想したかをこちらで比較してみました。これらと現環境での使われ方を見て反省会をしてみたいと思います。

比較したサイトは

GAME BOX
GameAI
GameWith
アルテマ

の4つで、新進気鋭の鋭い全カード考察を行っているサイトなど特に無ければ今弾でも見てみようかなぁとか思ってます。
(他に全カード考察を4段階以上の評価で分類しているサイトがあったら教えてくださいw)

予想が良かったもの

続きを読む