ミッドレンジロイヤルの守護神・フロントガードジェネラルの強さについて

fgg
カード名:フロントガードジェネラル
クラス:ロイヤル
タイプ:指揮官
7コスト 5/6 進化後 7/8
守護
ラストワード フォートレスガード1体を出す。
(フォートレスガード:3コスト 2/3 タイプ:兵士 守護)

7マナなのに出てくるカードのスタッツを合計すると、7/9という意味の解らないハイスペックになるのに、何故か守護までついているぶっ壊れカードです。
既にミッドレンジロイヤルのメジャーカードとして君臨しているフロントガードジェネラルですが、カードは何となく刺すものではなく、意味を考えて刺すものなので、フロントガードジェネラルの役割について考察してみたいと思います。スペックが高過ぎるため、何も考えずに適当に刺しても強いのですがw
あと、地味に本体は指揮官ですが、跡地に出てくるフォートレスガードは兵士なので、ホワイトジェネラルやフェンサーなどでバフ可能です。

フロントガードジェネラルの役割

フロントガードジェネラルが強い状況はどんな状況でしょうか。
まず、単純にリーサル拒否が出来るというのが強みになります。どんなハイスペックで殴られても、除去を受けてもラストワードでもう一回守護が出てくる鬼畜使用なので、盤面に余程差をつけられているか、間接打点によるリーサルが無い限りは翌ターンのリーサルを拒否ることが出来、2/3守護を残して反転攻勢に出ることが出来ることも多いです。残った2/3にガブリエルでバフをかけてリーサルするとさぞ気持ちが良いでしょう。(コスト重過ぎてアレな構築の予感がありますがw)
また、より攻撃的な使い方として、明らかに盤面は負けているけど自分のキャラが残っている場合、フロントガードジェネラルを展開することで、残っていたキャラへの攻撃を不可能にし、そのまま殴り切って勝ってしまうというような動きが可能です。オーレリアなどでもある程度こなせる役割ですが、最低でも2体凌ぎ切るのは圧巻です。
そんなこと言わずに単純に7PPで出せば、このカードよりもスタッツが優れたカードはそうは存在しませんので、ごく普通に有利になるという身も蓋もない状況も少なくありません。

フロントガードジェネラルを入れることで有利になるか不利になるか

対ロイヤル

元々、フロントガードジェネラルはミラーでの優位性を確保するためのカードでした。
フロントガードジェネラル実装前のロイヤルミラーは進化が尽きた状態でオーレリアを出せれば勝ちというような状況で、4枚目以降のオーレリアとしてフロントガードジェネラルが投入された経緯があります。フロントガードジェネラルの投入に伴い、枠をそこに割くためにデッキの重量化が進み、アグロ寄りのロイヤルは死滅してミッドレンジロイヤルが環境を席巻するようになりました。
ですが、現行のロイヤルにはほぼ確実にツバキが入っており、ツバキを刺されるとそれなりに劣勢になります。
ツバキに引っ掛からないドラゴニュート・シャルロットを採用する場合と比べて、フロントガードジェネラルガン積みのロイヤルがミラーで有利になるかと言われると疑問です。

対ドラゴン

ドラゴンは試合終盤になると理不尽なサイズのカードを連打してきますが、盤面を完全に除去された状態でその状態を迎えることはそれほど多くないでしょう。そんな時にフロントガードジェネラルはアホほど仕事しますね。
相手のジェネシスドラゴン2連打を横目にフロントガードジェネラル2枚出して、文字通り凌ぎ切ってそのままリーサルというゲームを何回やったことか。対ドラゴンを考える上ではフロントガードジェネラルは非常に有効で、1枚で守護2体という特性を余すことなく発揮できるでしょう。

対ネクロ

対ネクロにおいてもフロントガードジェネラルは鬼のように強いです。
モルディカイのアタックを素で耐える5/6というスペック、死の祝福を盾に横からケルベロス効果でバフしたカードでリーサルする行動の拒否など、役に立つ場面は星の数ほどあります。
対ネクロへの勝率を上げる面でも有効だと言えるでしょう。ただし、同様の仕事はドラゴニュート・シャルロットでも可能であり、シャルロットと比較した明確な優位性は7コストであり、1コスト安いということになります。

対エルフ

対エルフにおいては、リノセウスリーサルを拒否るカードとしての一定の役割はありますが、基本的には仕事しません。
冥府への道を受けても2/3が残るというメリットがあり、返しにバフからリーサルという綺麗な動きが出来ることもありますが、冥府2枚貼りや回復、バウンスなどで仕事を出来ないことが多いでしょう。
対冥府に関してはほぼシャルロットの方が仕事出来ると言えますし、そもそもフロントガードジェネラルを入れるような重い構築にすること自体が冥府エルフへの勝率を下げます。

対ヴァンパイア

黙示録や必殺を受けても盤面にキャラが残ることを利用して勝利に繋げることは時々あります。
ですが、序盤から殴り切れるか、乙姫を残してボコボコに出来るかが焦点になる対戦なので、あまり貢献はしないでしょう。
入れたからといって有利さや不利さが増す程ではないと思います。

対ウィッチ

遅い構築にすること自体は対ウィッチへの勝率をやや下げるのですが、ミッドレンジロイヤル自体が非常にウィッチに有利なため、あまり気にする程でも無い気がします。
また、7ターン目は早ければ超越が飛んでくるターンですが、超越のフィニッシャーの攻撃をブロックしてリーサル拒否出来ることもありますので、リーサル出来そうに無い場合は優先的に盤面に出せば割と相手が困ることも多いです。

対ビショップ

相手の大型と殴り合えるスペックなので、その部分は強いと言えます。
ただし、破邪の光で消滅させられたりもしますし、このカードを出さないといけないようなターンまでゲームが長引いている状態は既に不利だと言えるでしょう。
早いデッキで殴り切るのが対ビショップの正着手のことが多いので、フロントガードジェネラルを入れることでデッキが重くなること自体は優位性を落とす結果になるでしょう。

フロントガードジェネラルを入れない選択肢はあるのか

フロントガードジェネラルはロイヤルミラーにおける圧倒的優位性こそ失いましたが、ツバキに割られなければ強いことは変わりありません。また、冥府エルフを除いた全ての上位デッキに対して有利をつけられるカードで、相当優秀であることは間違いないでしょう。
フロントガードジェネラルに期待する役割と近い役割を持っているカードとしてはドラゴニュート・シャルロットが挙げられるでしょう。
フロントガードジェネラルの強みは7コストである点、守護が2枚沸く点の2点で、ドラゴニュート・シャルロットの強みは、疾走があるので更地から打点を入れたり、バウンスに強かったりする点、ツバキに引っ掛からない点の2点が挙げられるでしょう。
これらのうち、フロントガードジェネラルが7コストでシャルロットは8コストという点が割と大きいと個人的には感じています。
ロイヤルは6コストに、乙姫、セージコマンダー、アルビダの号令、ツバキと非常に強力なカードを抱えており、これらから概ね2種類~3種類のカードを積むことが多いです。(現行の主流は乙姫3、セージコマンダー3、ツバキが2~3でしょうか)
アルビダの号令は概ねいつ撃っても強い一方で、ツバキは相手依存だし、セージコマンダーは盤面にカード少ないなら出来れば出したくないし、乙姫も相手の盤面にフォロワーが何体かいるならあまり強い選択肢ではありません。このように、6コストのカードは割と状況限定で強力なカードが多く、7PP時に使いたくないことも多いです。
そんな時に手札にあって強いのがフロントガードジェネラルなわけで、ここで手札にシャルロットがあっても出せないわけです。また、7コスト帯でロイヤルで使用可能な強いカードは他にはせいぜいガブリエルぐらいで、他に有力な競合が少ないという現実もあります。
その点を考えると、7PPで撃っても概ね強いアルビダの号令を採用していないミッドレンジロイヤルにおいてはフロントガードジェネラルは概ねマストインのカードだと考えられると思います。
ただし、8PP以降に関してはドラゴニュート・シャルロットの方が強い場面も少なからず存在するわけで、フロントガードジェネラルを3投している人は、有利にしたいデッキに応じて1枚程度ドラゴニュート・シャルロットに変えるという選択も有力だと言えるでしょう。
ツバキへの強さも考え、ロングレンジ寄りの構築にしてドラゴニュート・シャルロットをガン積みすることで、リソース枯渇後のロイヤルミラーを思いっきり有利にするという構築もありになってくるかと思います。

ロイヤルの高コストカードまとめへ

SNSでもご購読できます。