ジャイスレ否定論者が語るジャイアントスレイヤーのカード考察

giant
カード名:ジャイアントスレイヤー
クラス:ロイヤル
3コスト
攻撃力5以上の相手のフォロワー1体を破壊する。

最近、結果を残しているロイヤルのレシピにちょこちょこジャイアントスレイヤーが積まれているのを目にします。
一方で、このサイトで紹介しているロイヤルのレシピには一度もジャイアントスレイヤーが入っていなかったりします。
私はジャイアントスレイヤーを全否定では全くないのですが、基本的にはジャイアントスレイヤーの採用にかなり懐疑的です。ツバキの方が強くね?と思っているのがその理由となります。その辺りを少し真面目に考察してみようと思います。

なお、「はぁ?メイドさんだから使ってるに決まってるだろ?風流を理解しろよこのksがっ!」という方はまわれ右でw

ジャイアントスレイヤーの役割

基本的な役割はツバキ同様相手の大型を処理することが役割になります。
ジャイアントスレイヤーに出来てツバキに出来ないことは2つで、一つは5PP以前に登場してしまった大型の除去。もう一つは差分の3コスト分で別のキャラを展開することです。
差分の3PP分でツバキは4/3潜伏出してるんだから6PP以降ではツバキの方が強い、という程雑な議論はしませんので、ご安心くださいw

さて、ジャイアントスレイヤー自体は3コストのスペルですが、実際に攻撃力5以上のフォロワーとして出てくるカードには何があるでしょうか?
骸の王を除き、攻撃力5以上のフォロワーが最初に出てくるタイミングはほぼほぼ後攻4ターン目の進化タイミングだと思います。
このため、3コストのスペルと言いながらも、実質5PP以降でしか使えないカードだというところがまず最初の論点です。
5PPでジャイアントスレイヤーを撃つ場合、都合よく2コストのカードも同時に持っていなかった場合、エクスキューションと同じ効果しか得られません。5PPでの立ち回りについてだけ話をするならエクスキューションの方が汎用性が高い分有用だと言えるでしょう。

そして、6PPにおいてはジャイアントスレイヤーよりも常にツバキの方が優れたカードだと言って過言はないでしょう。
3コストのカードにツバキより優秀なカードが存在しないことは自明でしょう。
偶然ノーヴィストルーパーでリーサル出来ることなどはあるかもしれませんが、通しで考えれば6PPではツバキ>>ジャイアントスレイヤーであることは確実です。

7PPにおいても同じことが言えるでしょう。強いて言えば、進化が残っているならフローラルフェンサー+ジャイアントスレイヤーが強いことはあると思いますが、コンボ要求が厳しいため、1枚で済むツバキの方が安定感があり、優秀だと言えるでしょう。

8PP以降になると、少し様相が変わって来ます。ツバキはツバキ+~という強い展開が難しいですが、ジャイアントスレイヤーならジャイアントスレイヤー+オーレリアなどの強い動きがやりやすいですし、5コスト以下のカードなら何でも良いのであれば手札要求も低く、ツバキと同程度の役割は安定して果たせるでしょう。9PPになれば、その傾向は顕著で、6コストのカードと一緒に使って除去可能ならこれは非常に強いと思えます。

このため、ジャイアントスレイヤーは基本的に8PP以降で強いカードということが解ると思います。
様々なデッキレシピを見てきましたが、割と3コスト互換のデッキ調整で構築しているケースが多く、それは違うだろという気持ちに大変良くなります。事故承知で組んでいる可能性もあるので、一概には言えませんが。
そのような重いカードであるにも関わらず、終盤にトップで持ってきたらクソ弱いというのが私がジャイアントスレイヤーが弱いと思う理由になります。相手のファッティに対して手札0からトップジャイアントスレイヤーして除去っても状況はあまり好転しません。一方でツバキであれば手札0からのトップで除去を行いつつ4/3潜伏を場に出せるわけでこれは優位に立てますよね。
8PP以降というのはそれまでのゲーム展開次第ですが、手札のリソースが尽きかけていることも多いターン数です。本来役立てたいタイミングではトップで引いてきても強くないことがあるって致命的だと思うわけです。

もう少し煮詰めてみると、5PPならエクスキューションでいいじゃん、と言いましたが、5PPでエクスキューションのように使え、かつ8PP以降で非常に強い動きが出来る可能性があると考えると、それを狙いとした構築は可能なように思います。
ジャイアントスレイヤーがツバキより役立つ場面として、後攻4ターンのドラゴンによるゴブリンマウントデーモン進化の返し、後攻4ターンまたは先攻5ターンのエンシェントエルフ進化の返し、後攻4ターンに事故って2コストカードしか引けなかった(=盤面に2体以下しかキャラがいない)場面における先攻5ターンオーレリアの返しというものがメジャーケースとして考えられます。
これらのケースでは確かにジャイアントスレイヤーはツバキではどうにも出来ないものを処理出来るので強いのですが、どの場面もオーレリアで問題無く返せる場面だと言えます。これらの盤面を進化無しで返せるという強みはあるものの、ジャイアントスレイヤーでなければ駄目という程の場面でもないです。とはいえ、ここでオーレリアも引けてないゲームをワンチャン拾えるという強みはあると言えます。

いわば、ジャイアントスレイヤーのツバキに対する明確な強みはこの3点ピンポイントの逆転確率の増強で、そこを除くと限定的なケースにおける8PP以降のコンボとなるわけです。

4/3潜伏が場に出ることの価値をどのぐらいで見積もりますか、というところだと思いますが、通算で見た場合、ツバキの方が役に立つことが多いだろうという判断で私はツバキを採用しています。
デッキの尖らせ方や張りたいメタの方向性次第ではジャイアントスレイヤーの方が役に立つ場合もあると思いますが、非常に明確な意志を持って積まないと弱いカードだということは間違いないと思っています。

SNSでもご購読できます。