生成しないと人権ないの!?海底都市王・乙姫の紹介

otohime
カード名:海底都市王・乙姫
クラス:ロイヤル
タイプ:指揮官
6コスト 3/4 進化後 5/6
ファンファーレ 乙姫お守り隊を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)
※乙姫お守り隊 コスト1 タイプ:兵士 1/2

1枚で盤面が埋められる理不尽。
6マナでスタッツの合計が7/12になる圧倒的理不尽。
シャドウバース界の中でも抜群のぶっ壊れ性能を持っている乙姫についてです。
上位ロイヤルのレシピでも大体3投されてるし、今更解説要るの?って思われる方も多いかもしれませんが、最も使われるカードだからこそ深く考える要素も多いというものです。
ただの爆アドカードで思考停止してとりあえず3投しておけばよい、と言う程単純なカードではなかったりします。
このカードを一枚も積んでないショートレンジロイヤルでもマスターランクで結果を出せていることからも明らかだと思います。

乙姫の役割

盤面が存在しないところからキャラが5体沸くのはそれだけでも理不尽ですが、何故か1体1体が1/1/1ではなく1/1/2というハイスペックで、全体1点で処理出来ないという素敵仕様になっています。
基本的に盤面が5分の状態から乙姫を出して一気に優勢に持っていくというのが使い方になります。
当然のことながら、盤面を全て埋める展開力は全体バフとのシナジーが非常に強力で、激励の舞、風神、セージコマンダーとのコンボがゲームエンドコンボとして非常に有名です。特に乙姫→セージコマンダーのコンボはセージコマンダーの進化後スペックが高く、進化込みで大型守護に一方的に致命傷を与えてくるため、インチキ臭い破壊力になっています。
また、先攻側は先に乙姫を使う権利があり、翌ターンにセージコマンダーを追加することで後攻の乙姫を一方的に全滅させることが出来ます。これがロイヤルミラーにおける先攻有利説の支配的な根拠となっており、後攻側はこのコンボを妨害するためにはフローラルフェンサー×2などで6ターン目に圧倒的な盤面有利を予め作っておき、セージコマンダーを直接出すというような動きを強要されます。
あと、冥府ロイヤルで軍師の妙策と組み合わせてハンドアドバンテージを稼ぐのに利用することもあります。

このように、乙姫は非常に優秀なカードなのですが、弱点の無いカードではありません。
弱点の1つ目は6コストであること。これは重いという意味では無く、競合が多いということです。
6コストのカードには、ツバキ、アルビダの号令、乙姫、セージコマンダーと強力なラインナップが並びますが、6コストのカードはどう多く積んでも9枚といったところでしょう。9枚でも結構な事故デッキで、普通に組むと大体4~5マナ付近の事故率が結構許容しがたいものになります。
加えて、7マナにはフロントガードジェネラルやガブリエル、8マナにはドラゴニュート・シャルロット、ルシフェルと積みたいカードは盛り沢山です。
重いカードが増えれば増える程長期戦では有利になりますが、事故を起こせばそこにもつれ込む前にゲームオーバーとなり、事故率と長期戦の勝率とを天秤にかけて構築する必要があります。
最も一般的な調整はアルビダの号令0、ツバキ1~2枚、乙姫セージガン積み、フロントガードジェネラルを2~3枚といったところでしょうか。最近ではアルビダの号令を重視した構成も増えているように思います。
ともあれ、乙姫を積むためには何らかの強いカードを犠牲にして、それとトレードオフで積んでいるという意識は必要でしょう。
もう一つの弱点は盤面を全て埋めてしまうことです。乙姫は環境のトップカードであること自体は疑いの余地はありませんので、対策の研究も最も進んでいるカードだと言えます。
ロイヤルはデッキのほぼ全てがフォロワーで構成されているデッキが大半ですので、乙姫と乙姫お守り隊で盤面が埋まっていると、フォロワーの追加が出来ません。このため、攻撃は進化込みで9点しか出せませんし、守護を追加出来ないため防御は紙です。
これらの弱点を突いた主な行動としては、

1.リーサルが無いことを利用して盤面を無視、無いし自殺させないベルエンジェルなどを立てつつ新たなる運命を打って冥府完成
2.ダークドラグーン・フォルテを中心とした、攻撃を受け付けないカードを展開し、自殺を防ぎながらリーサル

というものがあります。
乙姫をガン積みするということは、これらの動きが可能なデッキに対して不利をつけるということでもあるので注意が必要です。

乙姫投入による対リーダー相性

そんなわけで、乙姫は思考停止して常に積めば良いカードというわけではありません。
それぞれのリーダーに対して乙姫を積むことで有利になるかどうかを考察します。

対ドラゴン

中盤以降、消耗戦になった場合、守護やファフニールを出されなければ除去が間に合わないためそのままリーサル出来ることもあり、乙姫自体はドラゴンに強いカードであると言えます。しかし、トレードオフとなりがちなアルビダの号令やツバキやドラゴンに対してより有利になるカードと言えますので、乙姫を入れない方が有利になると言えるでしょう。
また、ドラゴンは騎竜兵を絡めてマナ加速から乙姫のターンに合わせてファフニールを降臨させ、乙姫本人以外焼き尽くす動きや、フォルテを立てて先にリーサルする動きによるメタ行動を取りやすいデッキでもあります。乙姫をプレイすべき状況なのかどうかには細心の注意を払うべき相手だと言えます。
なお、相手がフェイスドラゴンの場合、乙姫を出すことがほぼほぼ敗着になりますのでより一層の注意が必要です。

対ロイヤル

ロイヤルミラーは乙姫が入ってないと非常に不利です。
乙姫セージのエンドコンボを一方的に決めればほぼ勝ちであるという勝ち筋(大体10%ぐらい?)を自分から放棄するというのもそうですが、そもそも全体バフが無くても乙姫単体で強いカードだというのが重要です。
ロイヤルミラーはお互い盤面を取り合うゲームとなることが多く、一方的に乙姫を決めるだけで盤面を大幅に奪えます。
これがアルビダやツバキだと、リーサルまでの道筋が見えている状況でなければ強くありません。
乙姫セージがほぼ全てのロイヤルにガン積みされていたのは、これまでの環境がずっとロイヤル環境だったのが理由だと言えます。

対エルフ

乙姫を入れていると不利になるマッチ代表です。
乙姫は根源への回帰に非常に弱いカードで、根源への回帰を喰らうと大体手札上限をオーバーし、次のドローを消滅させられます。
根源への回帰によるドローロックで散々時間稼ぎされた挙句、リノセウスでチクチクされてそのままリーサルされたり、新たなる運命を引き入れられて冥府完成となったり、出さざるを得なくなった時点で敗色濃厚となるカードだと思ってよいです。
代わりに入っているカードがアルビダの号令なら根源への回帰は無力となり、エルフ側は相当回っていないと処理困難な状態になります。
ツバキを捨てると今度はドラゴンとロイヤルミラーに弱くなるため選択肢としては流石に弱く、現時点では乙姫かアルビダかという選択を迫られる状況となっているように思います。
対エルフを厚くするならアルビダ、対ロイヤルを厚くするなら乙姫といった感じです。
当然、セージコマンダーを抜くという択もあるのですが、セージコマンダー自体を抜く選択はあるとしても、全体バフがないミッドレンジロイヤルというのは決め手にかけ、デッキパワーを落とし過ぎる危険が高いため、風神や激励の舞とのコンバートになると思われます。乙姫アルビダツバキの全ガン積みという型は少し想像に難いです。

対ネクロ

相手がアグロネクロでケルベロスファントムハウルを決めて来て即負けました、というようなゲームにならない限り基本的には長期戦のリソース削り合いとなることが多いです。この時に乙姫お守り隊はネクロマンス付きの腐の嵐を貰わない限り盤面に残り続けることが多く、フロントガードジェネラルの隣から打点を入れ続けてそのまま勝つ試合展開も多いです。
ネクロ側のネクロマンスがそもそも有限なので、腐の嵐にネクロマンスを使わせることで死の祝福が守護つかないならそれはそれで強いですし、ネクロ側に渋々腐の嵐を撃たせるという面の方が強いと思っています。
長期戦化すれば乙姫セージが決まる確率も高くなりますし、ネクロに対しては乙姫は強いカードだと言えるでしょう。
アルビダは3点入れられることを除いて対ネクロでは乙姫のほぼ劣化と言えますし、ツバキがネクロに対してはあまり効果を発揮しないため、他の選択肢と比べた時の魅力はかなり高いと言えます。

対ヴァンパイア

ヴァンパイアに対しても乙姫は非常に優秀です。
5ターン目までに復讐状態まで削って黙示録を強要した後に乙姫を展開してゲームエンドという展開が非常に多いです。
疾走付きのアルビダや潜伏付きで相手の進化カードを割れるツバキも一見強そうに見えますが、対ヴァンパイアは数で圧倒して序盤に押し潰すというのがロイヤルの有力な勝ち筋で、後半にもつれ込んでしまうとまず勝てないので乙姫が最も強いカードだと言えると思います。

対ウィッチ

対ウィッチに関しては、乙姫自体は非常に優秀なカードなのですが、アルビダと比べるとアルビダの方が流石に強いことが多いです。
特に冥府ウィッチは冥府完成後は乙姫では何も出来ませんが、アルビダならリーサルという場面が多いです。
超越ウィッチに関しては乙姫入りでも十分有利をつけられると思います。

対ビショップ

ビショップ相手は散々既出ですが、ツバキが鬼のような働きをするため、ツバキとのトレードオフであるなら乙姫は弱いと言えます。
アルビダと乙姫に関しては、打点の早いアルビダにやや軍配が上がるようにも思いますが、乙姫→ツバキで大型を除去して総攻撃でも十分強力なムーブと言えるでしょう。

総評

全体として、非常に優秀なカードであることは間違いないのですが、ロイヤルとネクロ(とヴァンパイア)が環境の大半である環境でなければ必ずしも3投すべきカードというわけではないです。自分が今いるランクにもよるかとは思いますが、ドラゴンやエルフが多い環境だと思ったら抜いたり減らしてみたりする選択もありだと言えるでしょう。

ロイヤルの高コストカードまとめへ

SNSでもご購読できます。