ドラゴン殺しのエース、ツバキのカード紹介

tubaki
カード名:ツバキ
クラス:ロイヤル
タイプ:兵士
6コスト 4/3 進化後 6/5
潜伏
ファンファーレ 攻撃力5以上の相手のフォロワー1体を破壊する。

今でこそロイヤルのレギュラーカードとしてその地位を確立していますが、ボロクソにdisられている時期がありました。比較的初期のロイヤルは軽いものが多く、ロイヤルは低マナ帯を充実させ、事故を回避することが重要だという風潮がありました。また、当時のトップメタは超越ウィッチであり、超越ウィッチが溢れている環境では確かに軽いロイヤルは強いということになるでしょう。当時のレシピにはオーレリアが2枚以下のものも多く、今考えると凄い時代だったなぁという気持ちになります。
その頃、ツバキを投入したデッキは「事故デッキ」として扱われdisの対象だったわけです。
徐々にオーレリアやフロントガードジェネラルの強さにプレイヤーが気付いていき、デッキの重量化が進んで行きました。
ロイヤルの6マナ帯は、乙姫、セージコマンダー、アルビダの号令と競合が非常に多く、さらに7マナにフロントガードジェネラル、8マナにシャルロットやルシフェルが控えており、なかなかツバキが入り込む余地は無かったのですが、ドラゴンの増加に伴いメタカードとしての投入が主流になってきました。

ツバキの役割

当然、ツバキの最大の役割は相手の大型の除去になります。
主なメタ対象としては、ドラゴン全般、ビショップ全般、進化後ゴブリンマウントデーモン、エンシェントエルフ、フロントガードジェネラルなどがあり、広範なメタ能力を持ちます。
ゴブリンマウントデーモンに関しては、ツバキ警戒で進化無しで出すというプレイングも存在しますが、お互いに進化が残っているフェーズでその動きをするのはツバキ以外のカードに低リソースで一方落ちさせられるリスクを孕んだハイリスクな策といえ、進化合戦中に出てくるゴブリンマウントデーモンはほぼほぼ割れると思って良いでしょう。
除去カードとしての強みは、相手の進化後カードを進化無しで割れる点と、単純に処理出来ないほどの大型(主にファフニール)を除去してゲームを均衡~優位に引き戻せる点が挙げられます。
デッキへの投入を検討するに当たっては、これらの2点の強みをどれだけ発揮できる環境かということを考えて採用することになるでしょう。
ですが、ツバキには地味ながらもう2つほど強力な特性があります。一つは解りやすく潜伏であること。そしてもう一つはハイスペックな兵士カードであることです。これらの2点を利用して、リーサル絡みで除去出来ない場面でもツバキを素出しすることがあります。
潜伏の強みですが、一番解りやすいのは相手の攻撃や除去の対象に取れないことでしょう。これにより、どんな不利な盤面でも全体除去、ランダム除去が無い限りツバキが生き残ることが出来ます。相手が守護を立てられず、リーサルも出来なかった場合、こちらにチャンスが生まれるわけです。
また、タイプが兵士であることも非常に有用で、ツバキが潜伏して耐えることで、翌ターンのPPを全てバフに回すことが出来ます。フェンサー、フェンサー、ホワイトジェネラルと重ねれば8点リーサルですし、ガブリエルなんてオシャレカードを積んでサクッと8点リーサルを見ることも出来るでしょう。
また、潜伏の有用な点として、相手の自爆を許さない点が挙げられます。この特性が主に活かされるのは対冥府エルフと、対ロイヤルのVS乙姫です。
対冥府エルフで墓地数27、フェアリー3枚場に残してエンドとかやってくる場合、相手はそのフェアリーが割れることを計算に入れて冥府完成プランを考えていることが多いです。ここにツバキだけ出してエンドをすると、相手はフェアリービーストか新たなる運命辺りを引いて来なければ翌ターンに強い動きが出来ません。疾走で詰めるかツバキでやり過ごすしか勝ち筋が無い場面は割とありますので、よく見て動きましょう。
乙姫に関しても、お守り隊自爆前提でプランを組んでいることが多いです。お守り隊自爆→セージコマンダー/フロントガードジェネラルなどの動きが代表格でしょう。相手の残りライフが4以下ないし、ツバキ+バフ圏内で、相手の乙姫フルアタックに耐えられる体力圏内なら、ツバキを素出しするのが解となります。盤面が全て埋まっている状態では追加カードを利用できないロイヤルがほとんどですので、高確率で勝ちを掴める状況なわけです。激励の舞やデモンストライクで負けた時は素直に諦めましょう。(どっちみち多分負ける手札ですしw)
自分の盤面に2/2が1体だけ残っていて、手札にツバキ、相手に乙姫された場面では、2/2を乙姫に突っ込ませて無駄死にさせてからツバキを出すのが重要です。手札にバフが無くても、相手のライフが6点以下ならホワイトジェネラルトップでツバキリーサル出来る可能性がありますので、この行動が解答となることは少なくないです。

ツバキ投入による対リーダー相性

対ロイヤル

乙姫に対する解答となることが稀にあるのは、大体誤差のレベルでフロントガードジェネラルに刺さるかどうかというのが最大の焦点となります。現行のロイヤルはフロントガードジェネラルを少なくとも2枚刺している型が主流ですので、対ロイヤルに関して勝率が増すと言えるでしょう。稀にオーレリアにも刺せますが、大体その前のターンにフローラルフェンサーを進化させてたりして除去の対象に取れないことがほとんどです。
フロントガードジェネラルを一方的に出されると暴力以外の何でもないマッチですので、自分だけツバキ積まないというのはそこそこ大きな勝率減になりがちです。

対ドラゴン

ツバキはドラゴンへの勝率を上げるためのカードと言っても過言ではないぐらいにドラゴンへの勝率を上げます。
マナカーブがある程度噛み合っているならツバキのマリガンキープも検討に入れて良いです。
主流の疾走ドラゴン、ランプドラゴンに加えて、フェイスドラゴンに関しても全てに刺さります。概ねロイヤルでは処理不可能なことが多いフォルテに対するメタとしても機能しますし、ファフニールやジェネシス、また進化後ゴブリンマウントデーモンと刺せる場面しか存在しません。
逆に、どの場面でも刺せるが故にどの場面で刺すのかをじっくり考える必要があります。ツバキは有限ですので、刺す必要のない場面は他のカードで何とかやりくりし、本命に刺すことが重要です。(騎竜兵からのファフニールが見える場面とか特に)

対エルフ

対エルフでもツバキは仕事をするカードですが、ツバキのトレードオフで抜けるカードはアルビダの号令を始め、概ね冥府エルフに強いカードのことが多いので、対冥府エルフへの勝率は減少することが多いです。アルビダツバキ両立の型であれば、対冥府エルフへの勝率に貢献すると言えます。

対ネクロ

ネクロの多い環境ではツバキの投入は理に適いません。
ツバキが機能する相手は、ほぼほぼ進化後の一部カードのみで、それも進化合戦で体力が落ちているようなカードだけになります。
ネクロの大型はほぼほぼモルディカイですので、ツバキは当然効きません。
しかも、ネクロマンス腐の嵐でツバキを割ったり、死の祝福でリーサル拒否したりと潜伏対策も万全という有様です。
ネクロに対する勝率を上げることだけ考えるならツバキは抜いて別のカードを入れるべきですが、ツバキを投入したデッキでネクロと向かい合う場合、手札のツバキをいかに腐らせないかということを考えることも重要です。
概ね、ケルベロス進化か悪戯なネクロマンサー進化に合わせて着地させることで進化を温存した戦いが可能になるため、採用可能な有力なゲームプランの一つとして頭に入れておきましょう。

対ヴァンパイア

対ヴァンパイアにおいてツバキは非常に優秀です。
除去する対象としては主にエリニュス進化となることが多いでしょう。あとはゴブリンマウントデーモン進化。
どちらかというと真価は潜伏の方で、相手のディアボリックドレインや裁きの悪魔進化のドレイン対象になることなくリーサル準備が出来るところが秀逸です。
一気に攻め立ててライフを減らしてヴァンパイアに黙示録を撃たせた返しにツバキを出すと、クイーンヴァンパイアかゴブリンマウントデーモンしか解答が無い状況を作ることが可能です。
まぁ、ツバキ潜伏を活かさなきゃいけないほど切羽詰まったゲームになってる場面って概ねヴァンパイア有利の場面なので、そのゲームはほぼ負けなんですけどw

対ウィッチ

対ウィッチにおいても非常に強力なカードだと言えます。
潜伏に関してはファイアチェインで妨害可能ですが、ロイヤルに対してはファイアチェインを使わなければならない場面が多過ぎてツバキを出す局面までキープ出来ないことが多いでしょう。
潜伏としても強力ですが、超越を引けて無い超越ウィッチが苦し紛れに出すフレイムデストロイヤーやルーンブレイドサモナーを除去出来ることも優秀で、超越ウィッチ側の事故をきっちり拾えるのも強みです。
まぁ、そもそもウィッチ対ロイヤルはロイヤルが圧倒的に有利なのでツバキが活きる試合はレアケースなのですが。
ツバキの代わりにアルビダならそれはそれでウィッチに超強いですしw

対ビショップ

ビショップを最弱リーダーの代表格に貶めたカードがツバキです。
ドラゴン環境だからツバキを入れてみたらついでにビショップにもガン刺さりしたという可哀そうな現実があります。
元々ビショップ対ロイヤルはほぼ五分からビショップ微有利だったのが、ツバキが入ったことによりロイヤル微有利(ないし有利?)に変わってしまいました。

ロイヤルの高コストカードまとめへ

SNSでもご購読できます。