カード紹介

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「くず鉄の練成」の考察

カード名:くず鉄の練成
クラス:ウィッチ
カードタイプ:アミュレット
レアリティ:ブロンズ
タイプ:土の印
1コスト
【ファンファーレ】ジャンクゴーレム1体を出す

※ジャンクゴーレム
1コスト 0/2 進化後 2/4 【守護】

土の印を出しながら同時に1/0/2守護を展開出来る。
ドローの無いベルエンジェルという感じですが、土の印付きで1コスト軽いのは強そう。

くず鉄の練成の役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「詠唱:神鉄の翼」の考察

カード名:詠唱:神鉄の翼
クラス:ビショップ
カードタイプ:アミュレット
レアリティ:ブロンズ
2コスト
カウントダウン4
自分のフォロワーが進化するたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。
【ラストワード】アダマントバード1体を出す

※アダマントバード
5コスト 3/5 進化後 5/7【突進】

カウントダウン4というかなり息の長いカウントアミュレット。
自分のフォロワー進化のたびにカウントが進むので、実質カウントダウン2~3ぐらいで運用できることは多そうです。
効果は3/5突進のフォロワーを出す効果です。

詠唱:神鉄の翼の役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「カグヤ」の考察

カード名:カグヤ
クラス:ビショップ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ゴールド
6コスト 5/6 進化後 6/7
進化後 【ラストワード】うたかたの月1つを出す

※うたかたの月
6コスト アミュレット
カウントダウン3
自分のターン終了時、攻撃力最大の相手フォロワー1体の攻撃力を1にする。
(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体。)

スタッツは6/5/6と標準スタッツ。
能力は進化した時にうたかたの月を場に出すラストワードを得る能力。
うたかたの月に関しては、謎が謎を呼び、散々界隈で盛り上がりましたが、毎ターン終了時、相手の攻撃力最大のフォロワー1体の攻撃力を1にするという地味な効果でした。
期待のハードルが高過ぎてがっかり感半端無いw

カグヤの役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「死を追うもの」の考察

%e6%ad%bb%e3%82%92%e8%bf%bd%e3%81%86
カード名:死を追うもの
クラス:ネクロマンサー
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ブロンズ
3コスト 2/3 進化後 4/5
他のフォロワーが進化するたび、自分の墓場を+2する

3/2/3の標準スタッツのカード。
自分以外のフォロワーが進化するたび墓場を+2ずつ出来ます。

…骸骨系のグラフィックだと勝手に思っていたので超絶綺麗なお姉さんのグラフィックなの愕然としてるのは内緒です(ぁ

死を追うものの役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「スレッジエクソシスト」の考察

%e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8
カード名:スレッジエクソシスト
クラス:ビショップ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:シルバー
3コスト 2/3 進化後 2/3
進化後 【進化時】相手のフォロワー1体を破壊する

スタッツは3/2/3と標準スタッツです。
進化時能力は相手フォロワー1体を体力に寄らず破壊出来る効果。消滅ではないですが、どんな大型も除去できるのは強いです。
その代わり、進化後スペックが完全に元のままなのは珠に傷。

スレッジエクソシストの役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ノクシャスロアードラゴン」の考察

%e3%83%8e%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%82%b9
カード名:ノクシャスロアードラゴン
クラス:ドラゴン
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:シルバー
4コスト 4/3 進化後 6/5
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、他のフォロワーすべてに1ダメージ

スタッツは4/4/3と攻撃的ながら標準スタッツです。
手札を捨てた枚数分だけ能力は敵味方巻き込みつつ自分以外のフォロワー全てに1点与えます。

ノクシャスロアードラゴンの役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「エルフキング・ヴァルト」の考察

valt
カード名:エルフキング・ヴァルト
クラス:エルフ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:シルバー
7コスト 5/5 進化後 7/7
【ファンファーレ】フェアリー2枚を手札に加え、それらのコストを0にする

スタッツは7/5/5と標準サイズより2回りぐらい小さいです。
能力はエルフプリンセスメイジの進化時能力同様、0コストのフェアリー2枚を手札に入れる能力。

エルフキング・ヴァルトの役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「吸血鬼の古城」の考察

%e5%90%b8%e8%a1%80%e9%ac%bc%e3%81%ae
カード名:吸血鬼の古城
クラス:ヴァンパイア
カードタイプ:アミュレット
レアリティ:ゴールド
2コスト
自分のターン終了時、自分の場にフォレストバットがいるなら、さらに1体出す。出したあと、自分の場にカードが5枚あるなら、相手のリーダーに「自分の場のフォレストバットの数」と同じダメージを与え、このアミュレットを破壊する

発表当初の能力は、カウントダウン2がついており、かつ「出したあと」ではなく5枚なら破壊と打点の効果発動でした。
調整され、カウントダウンが無くなりフォレストバットを毎ターンずっと生成可能になった代わりに、盤面4枚でターンを終了しなければ打点を与えられない形になりました。

吸血鬼の古城の役割

続きを読む

【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ホワイトパラディン」の考察

white

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89
カード名:ホワイトパラディン
クラス:ロイヤル
カードタイプ:フォロワー
タイプ:指揮官
レアリティ:ゴールド
3コスト 3/2 進化後 4/3
【守護】
進化後 【進化時】シールドガーディアンを「相手の場のフォロワーの数」と同じだけ出す

※シールドガーディアン 1コスト 1/1 進化後 3/3 タイプ:兵士 【守護】

3/3/2とスタッツは及第点。これに守護がついているため、単体でそこそこ使い勝手のあるカードだと言える。
進化すると相手の場のフォロワーの数と同じだけ1/1守護の兵士トークンを出せる。

ホワイトパラディンの役割

続きを読む