デッキ紹介

ダークネス・エボルヴ環境初日マスターランク1位!テンポエルフのデッキ紹介

※最新のテンポエルフに関する考察をGAME BOXにて行っております。

1日が平日だと1日のマスターランキング争奪戦に参加できず、いつも悶々としていました。
そんな中、

新環境始まったばかり
1日が土日祝日

という素晴らしい好条件が重なったので、兼ねてより初日のマスターランキング1位を狙うと公言していましたが、無事、マスターランキング1位で初日を終えられました!

20161001_rank

正直、「最悪、瞬間1位でも…」ぐらいの弱気ではあったのですが(新環境直後でやる気勢多そうだし)、前日に手応えがあったデッキを使ったところ、きっちり応えてくれました。
特に午前中はまだみんな試行錯誤している感があったので完全に無双状態で、最大19連勝、最高勝率89%と意味不明な活躍をしてくれましたw
…今月、今後は環境を見るためにそれなりにランクを回すとは思いますが、月末ランキング1位は狙わない予定ですのであしからずw
(というか、可処分時間的に狙おうとしても不可能w)

デッキリストはこのようになっております。

3:ウォーターフェアリー
3:ベビーエルフ・メイ
3:自然の導き
3:フェアリーサークル
3:フェアリーウィスパラー
3:リノセウス
3:エルフの少女・リザ
3:森荒らしへの報い
3:エンシェントエルフ
3:エルフプリンセスメイジ
3:風神
2:死の舞踏
2:クリスタリアプリンセス・ティア
3:エルフナイト・シンシア

テンポエルフを選択した理由

続きを読む

どうしてもロイヤルで勝ちたいあなたに。最新式ミッドレンジロイヤルの紹介(2016年9月)

手札上限9枚のアップデート以降、いかがお過ごしでしょうか?
環境的は冥府エルフ一強環境の雰囲気を醸し出しております。
どうもアグロネクロが冥府エルフに有利という怪しい言説が出回っており、アグロネクロが多い環境ではありますが、ぶっちゃけ気のせいだと思っています。
これまで、冥府エルフ対ロイヤルはきっちり対応すればロイヤル有利と信じて疑わなかったのですが、手札上限9枚になった影響が思ったより大きく、ミッドレンジロイヤルの調整では5割勝つのが精一杯かな、という感じです。

結果的に2回戦で冥府エルフが絶許構成に狩られて予選落ちしてしまいましたが、JCG予選では一応無敗のまま幕を閉じました。

ミッドレンジロイヤルのレシピはこちら

だいぶ殺意に満ちた構成になっています。
アルビダの号令3、ガブリエル2、激励の舞あたりがいつもとの違いになります。

なお、マスターランクでも一応勝ち越したのですが、下振れが激しく53%しか勝てませんでした。。。

アルビダの号令の採用とツバキの不採用について

続きを読む

現環境最強デッキ!? マスターランク勝率7割!疾走ドラゴンのデッキ紹介

JCGオープンvol7用に調整を進めていたもう片方のデッキは疾走ドラゴンでした。
ショートレンジロイヤルと違ってこちらは全デッキに対して丸く強いデッキだと言え、JCGともマッチしたデッキだと思います。
このデッキが環境の1強デッキだと言うつもりはないですが、メタを考えないまっさらな環境を考えるにあたり、最強の一角であることは間違いない気がします。

疾走ドラゴンのデッキレシピ

このデッキレシピ、もしかしたらなんかよく似たデッキを見覚えがある人もいるかもしれません。
ちょうど疾走ドラゴンを研究してる時にリアルタイムで流れてきたので、いくら式疾走ドラゴンのレシピを大いに参考にしています。
疾走ドラゴンに関しては死ぬほどたくさんレシピ出回ってるんですが、回してるうちに自分は大体同じような結論に至りました。
全体的に、後半引いてきて弱いカードを最小化することで、マナ加速後のトップがゴミ化する確率を下げるというのが基本的な構築プランになると思っています。

マスターランクでの戦績

続きを読む

マスターランクで驚異の勝率72%! ショートレンジロイヤルのデッキ紹介

JCGオープンvol7に向けて密かに調整していた新型ロイヤルです。
昔からあるアグロロイヤルに似た型ですが、試合の進め方はミッドレンジロイヤル寄りなので、ミッドレンジロイヤルを意識してショートレンジロイヤルと呼んでいます。

ショートレンジロイヤルのデッキレシピ

原型がミッドレンジロイヤルなので、全デッキに対してそれなりのパワーを発揮出来る点、小型を多めに積んでいるため低マナ帯での事故率が低い点を利点としつつ、現環境のトップ3のうちドラゴンとエルフに優位をつけることに特化したデッキです。
全体的に軽量カードでまとめて、エンドカードとして風神、アルビダ、ツバキを採用しています。
ドラゴンやエルフがそんなに多くないJCGのグループ予選で使うのはどうかと思ったですが、事故率が低い点と強いプレイヤーとはち合わせた時に勝ちやすい点を評価して使いましたが、見事事故死しました(

マスターランクでの戦績

平日しか回していないせいもあり、少し対戦数が少ないですが、環境の追い風を受けて無限に稼げる高揚感を感じられます。
総計:50戦36勝14敗(勝率72%)

続きを読む

祈りの集約もゴミじゃなかった!集約疾走ビショップのデッキ紹介

天翼64ハンドレスドラゴンというデッキがあります。このデッキは「天翼を喰うもの」という当時最も話題にならなかったゴールドレアを有効利用した素晴らしいデッキでした。
あのデッキを見て以来、シャドウバースのゴールドレアはどれも専用構築にすればなかなか戦えるデッキになるんじゃないか、という気持ちを抱き続けていました。

さて、シャドウバースには「祈りの集約」というゴールドレアがあります。

inorinosyuyaku

カウントダウン 4
自分のターン終了時、このカードのカウントダウンと同じコストの「カウントダウンを持つアミュレット」をランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。

1枚で最大4枚のカードをコストを踏み倒して盤面に呼び出すことが出来る超カードです。
この膨大なアドバンテージ量にデッキビルダーが反応しないわけがなく、リリース当初からデッキビルダーの注目を一身に浴び続けました。
しかし、それにも関わらず恐らくは誰一人としてまともなデッキを作ることなく去って行った不遇のカードです。
このカードの弱い点は大きく分けて2点でした。

1.コスト6が重過ぎて遅すぎる
ビショップにとってコスト6帯はテミスを撃って必死で防戦を繰り広げるコスト帯です。
そんなコスト帯で悠長にアミュレット置いて無防備に返すというのは、シャドウバースのことを理解しているプレイヤーからすれば吐き気がするレベルの行為と言えます。
その上、さらに登場するアミュレットのカウントダウンを待つなんて、どれだけ悠長なカードなんだ、ということですね。

2.盤面要求が酷い
本体で1盤面埋めておきながら、毎ターンアミュレットを増やして行くわけです。全アミュレットを出しきった場合、盤面を祈りの集約だけで全て使うというなかなか論外な盤面要求を行ってきます。アミュレット出しまくるのに本体にはラストワードがなく、スカルフェインとの相性も良くありません。

これら2点により、「こりゃ駄目だ」と結論を下されてきたカードというわけです。

デッキ紹介

続きを読む

収穫祭ナーフ後環境最強のウィッチはこれかな。冥府ウィッチの紹介

ウィッチって手札増えやすいし、カード回転速いですよね。じゃあ、冥府ウィッチ組んでみよーぜ!って気持ち、解りますよね?
今、割とどのリーダーでも「とりあえず冥府組んでみよーぜ」という空気があるように思います。このデッキ、そうゆう風潮よりだいぶ前から温めていたデッキだったりするのですが、大型アプデ前の環境では後攻2ドローがなく、あまりにも先攻ロイヤルに勝つのが厳しかったので採用を見送っていたところでした。ようやくアプデが入ったので現在目下調整中のデッキという私的に熱いコンテンツになります。

作成経緯としては、@atmark680が身内オフで「自信ないんだけど面白いデッキ組んだ!」って言ってたので、フリマで感触掴んで実際にランクを回して「行けるかも」とジャッジし、@syuigetsuITと3人で調整していたという感じです。

デッキレシピ

冥府ウィッチは新たなる運命でデッキを回転させる都合上、スペルブーストを有効に利用しにくいという問題があるのですが、冥府完成速度に拘ってチェインを入れてない形だと運良く最速冥府を決めないと普通にビートダウンされる問題があるため、ファイアチェインを導入しています。
また、冥府完成前後に疾走でリーサルされるのを避けるためにガントレットヒーラーを採用しています。

戦績

以下、マスターランクでの戦績になります。まだ調整中なのでデータ少ないですが、マスターランクでも勝ち越せています。
※マスターランク以外でもフリマなどで大量に回しています

総計:24戦13勝11敗(勝率54%)

対ロイヤル:9戦4勝5敗(勝率44%)
対ネクロ:6戦6勝0敗(勝率100%)
対ドラゴン:3戦1勝2敗(勝率33%)
対エルフ:1戦0勝1敗(勝率0%)
対ビショップ:1戦0勝1敗(勝率0%)
対ヴァンパイア:2戦1勝1敗(勝率50%)
対ウィッチ:2戦1勝1敗(勝率50%)

上から5枚以内に物凄い確率で冥府への道が入っていてのこの成績なので、もうちょい伸びると思います。
基本的な回し方としては、盤面を処理しつつ隙あらばサモンスノーを召喚し、それを全部盤面処理に充てて墓地を肥やして冥府、運命でゲームクローズするといった流れになります。
サモンスノーのあぶれた分は消滅なので、墓地を理不尽に肥やせたりはしませんが、1枚で最大6枚墓地を貯められる上、盤面処理や打点としても有用なのでサモンスノーは神と叫びたくなります(
7マナでファイアチェイン+サモンスノーで盤面優位を築ければ勝ちはすぐそこです。

対リーダー別所感

続きを読む

BPランキング100位以内到達!収穫祭ナーフ前最強デッキ冥府エルフ

JCGの大会用の練習も兼ねて、現環境最強デッキと名高い冥府エルフを使ってランキング100位到達しました!
画像の99位です。

rank100

使用デッキは大体テンプレの冥府エルフですが、大会で使用予定なのでレシピ公開は無しでw
需要無いと思いますが、大会終わったら追記するかもです。

勝率7割ぐらいを予定してて、初日はそのぐらい勝ててテンション高かったのですが、最終的にめっちゃ勝率下がったので、時間かかりましたorz

戦績

続きを読む

「天翼64ハンドレスドラゴン」を使ってみての考察

今日の昼間に物凄いデッキレシピが公開されました。
その名も「天翼64ハンドレスドラゴン」。界隈で最も話題に挙がらなかったゴールドレアの一つ「天翼を食うもの」を中心に据えた新手のドラゴンデッキです。

デッキ紹介はこちらで行われています。
デッキビルダーなら一瞬は頭に過ぎったことがあるであろう、ハンドレスからの「ドラゴニュートスカラー」や「黄金竜の棲家」というコンセプトをデッキのレベルまで洗練したものになるのですが、目を見張るのはデッキ構築の尖り方です。64の名が示す通り、5マナを廃した非常に尖った構築となっており、このデッキの芸術性の高さを押し上げているように感じました。

実際に使ってみた

続きを読む

一風変わったデッキがお好みのあなたに。コントロールネクロデッキの紹介

ロングレンジロイヤル使ってると、デュエリスト・モルディカイって強くね?
とか、ツバキより汎用性高くて即殴りに行けるプルートってカード、実はかなりイケてるんじゃね?
とか感じたので、その辺りのカードを全力で活かしきるための構築を考えてみました。

コントロールネクロのデッキレシピ

除去や必殺などをガン積みして、序盤を凌いでからモルディカイやプルートで逆襲する動きを想定しています。
相手が早めのネクロだと勘違いしてライフより盤面を取りに来てくれればしめたものです。
割と勝てるつもりで組んだのですが、フリーマッチでは大体勝てたけどAA3におけるランクマッチで勝ち越すのはちょっと辛そうだったので、供養のためにデッキ紹介します(ぁ
調整次第で伸ばせる可能性はあると思いますので、意表を突いて遊びたい人は研究してみてください。

基本的な使い方

続きを読む

AA3到達!勝率57%ロングレンジロイヤルの紹介

AA3

ようやく最高ランクであるAA3に到達しましたので、AA3に到達したデッキを紹介します。
利用したのは重めに寄せたロイヤルで、名称はミッドレンジロイヤルにあやかってロングレンジロイヤルと呼んでいます。
冥府エルフが苦手なので、現環境での強さにはやや疑問がありますが、収穫祭ナーフ後環境では冥府エルフのパワーが落ち、利用者も減るはずなので、それを見越しての先行研究の側面が強いです。

デッキレシピ

1マナ帯のカードを採用せず、ツバキとフロントガードジェネラルとルシフェルをガン積みしているのが特徴です。
また、フェンサーを除いて指揮官カードが6マナ以上のカードなので、メイドリーダーのサーチが強いです。

戦績

総戦績:102戦58勝44敗(勝率57%)

続きを読む