考察

JCG OPEN vol19の環境分析

テンポエルフ一強環境は早くも終わりを告げ、ダークネス・エボルヴ環境は大きな盛り上がりを見せて来ている感じがありますね。
そんな環境で行われるJCGオープンvol19の全参加登録者全473名の登録リーダーを集計してみました。本番直前にデッキを変える人もいると思いますが、多数派では無いと思いますので、傾向としては実際の大会の傾向をほぼほぼ拾えると思います。
実際には組み合わせからも考えられることも多いのですが、単純にリーダーの登録数だけを算出しています。

1位 エルフ 213人(採用率45.03%)
2位 ビショップ 185人(採用率39.11%)
3位 ロイヤル 143人(採用率30.23%)
4位 ウィッチ 131人(採用率27.70%)
5位 ドラゴン 100人(採用率21.14%)
6位 ネクロ 95人(採用率20.08%)
7位 ヴァンプ 79人(採用率16.70%)

考察

続きを読む

ダークネス・エボルヴ前最終環境の考察(2016/09/18~29)

ダークネス・エボルヴリリースに向けたメンテが始まり、予定通り行けば明日の10時から新環境が始まります。
手札9枚上限解放環境は冥府エルフを中心とし環境でしたが、最終的に環境分布はどのような感じになったでしょうか。
新カードの考察に追われまくっていて少しランクが疎かになっていたのですが、実際にマスターランクで回した結果、どのような当たり方をしたのか見てみましょう。

マスターランクにおけるリーダーの分布

続きを読む

疾走ドラゴンにおけるドラゴンウォーリアの採用に対する雑感

疾走ドラゴンというデッキタイプがあります。
基本的にはマナ加速を行い、海剣竜、ダークドラグーン・フォルテ、ジェネシスドラゴンなどを中心とした中型、大型疾走フォロワーを採用することで空の盤面から打点を出せることを重視したランプドラゴンで、エルフの根源への回帰に対する有効な回答として比較的重用されているデッキです。
例えばこんな感じのデッキですね。

このデッキにドラゴンウォーリアは入り得るのか、という話で少し盛り上がったので、ちょっと整理してみたいと思います。

※ドラゴンウォーリア
4コスト 3/4 進化後 4/5
進化後 【進化時】相手のフォロワー1体に3ダメージ。

疾走ドラゴンにおけるドラゴンウォーリアの役割

続きを読む

手札上限9枚アプデ後環境考察2(2016/09/11~18)

手札上限が9枚になる大規模アップデートから1週間が経ち、だいぶ環境が落ちついて来た感じがありますね。
30日のダークネス・エボルヴ実装までは同じような環境が続く可能性が高いのかな、と思います。
それでは、実際にマスターランクでランク戦を回した結果どのような当たり方をしたのか見てみたいと思います。

マスターランクにおけるリーダーの分布

2016/9/11~9/18までのマスターランクのランクマッチで実際に当たった対戦の集計はこのようになりました。

総計 193戦

エルフ 48戦(24.9%)
ロイヤル 41戦(21.2%)
ドラゴン 35戦(18.1%)
ウィッチ 33戦(17.1%)
ネクロ 32戦(16.6%)
ヴァンパイア 2戦(1%)
ビショップ 2戦(1%)

環境考察

続きを読む

手札上限9枚アプデ後最新環境考察

手札上限が9枚になっても、そんなに環境は変わらないだろうなと思っていた頃が私にもありました。
実際には驚くほど環境に変化がありましたので、とりあえず現状を報告まとめてみました。

マスターランクにおけるリーダーの分布

9/8のアプデ以降、9/10までマスターランクで実際にランクマッチを行った結果、このような分布になっていました。

総計 154戦
エルフ 44戦(28.6%)
ネクロ 34戦(22.1%)
ロイヤル 24戦(15.6%)
ドラゴン 24戦(15.6%)
ウィッチ 20戦(13.0%)
ヴァンパイア 6戦(3.9%)
ビショップ 2戦(1.3%)

環境考察

続きを読む

手札上限9枚アプデ前最終環境とこれからの環境考察

さて、遂にXデーが来ましたね。
今行われているメンテナンスが明けると、

・ログインボーナスの追加
・デッキ編成数の増加
・手札上限を8枚から9枚に変更
・2Pickルームマッチ
・1日1回限定カードパック購入の更新時間を変更
・2Pickデッキ作成時の掲示カードの変更
・アリーナ(2Pick)の報酬変更

が実装されます。
アプデについて詳しくはこちらをご覧ください。

さて、このアプデにおいて、環境への影響を考えないといけないのは
・手札上限を8枚から9枚に変更
だと言えるでしょう。
この変更が環境にどう働くかを考える前に、まずは直前の環境を見てみましょう。

マスターランクにおけるリーダーの分布

続きを読む

ロイヤルの高コスト帯カードのメリデメまとめ

個別カードの考察をこれまで行ってきましたが、取りとめも無く書いてしまったので、ここで一度まとめようと思います。
同じ記号内でも優劣あったりしますが、解りやすさ重視で以下の分類でまとめます。より詳しい解説は個々のページを読んで頂ければ、と。

◎=文句なく強い
〇=強いけど、一番強いのには劣る
△=トレードオフでなければ強いが、トレードオフするなら微妙
×=強み無し

カード別評価

続きを読む

収穫祭ナーフ後環境考察(安定版!?)

収穫祭ナーフ後一週間の環境と現在の環境に大きく差が出てきたので、先週一週間のマスターランクでの対戦戦績から再度環境考察を行いたいと思います。

総計:148戦
ドラゴン:41戦(27.7%)
ロイヤル:34戦(23.0%)
エルフ:34戦(23.0%)
ネクロ:17戦(11.5%)
ヴァンパイア:9戦(6.1%)
ウィッチ:9戦(6.1%)
ビショップ:4戦(2.7%)

前回からの大きな変化はネクロが減少し、エルフが増加していることが挙げられます。
そして、遂にロイヤルを首位の座から引きずり降ろし、ドラゴンが単独首位の座を勝ち取りました。

環境考察

続きを読む

対面のドラゴンは引き厨なのか!? マナ加速を確率から考察する

ドラゴンに負けた人がよく「この引き厨が!」と罵っているのを目にします。
実際明らかに引き厨の動きをされてキレたくなることはあるのですが、ドラゴン以外のデッキにもたくさんそうゆう現象はあるわけで、ドラゴンばかりが罵られるのは可哀そうだと思います(
そこで、実際にドラゴンが事故る確率、理不尽な動きが出来る確率を計算してみようと思います。
例のごとく、計算ミスを見つけた人はTwitterアカウントにて指摘して頂けると助かります。

竜の託宣を引ける確率

続きを読む