【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ブラッディ・メアリー」の考察

bloody
カード名:ブラッディ・メアリー
クラス:ヴァンパイア
5コスト 4/5 進化後 6/7
このフォロワーが場にいる限り、自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けるなら、自分ではなく相手のリーダーがダメージを受ける。

レジェンドらしく豪快なテキストです。
スタッツも5/4/5と標準スタッツであるため、最悪の場合はただの素出しでも仕事する点も評価出来ます。
テキストは自傷ダメージを相手に受けて貰うテキストで、相手のライフを一気に削ることが出来ます。

ブラッディ・メアリーの役割

ここへ来て非常に面白いカードが来たな、という感じですね。こうゆうテキスト、カードゲーマー垂涎という感じです。
シナジーするカードとしては、蠢く死霊、ブラッドウルフ、血の取引、ダークサモナー、鋭利な一裂き、狂気の処刑人、漆黒の契約、ソウルディーラーあたりが現実的でしょうか。鮮血の花園は自分のターン終了時ですが、ターン終了時が自分のターン扱いになるのかどうかという面倒なルールが発生しそうな気もしますが、普通に考えれば自分のターン中扱いですかね?
単体で出した場合でも、標準スタッツの実質守護みたいなスペックになるため、強力だと言えます。
ですが、5PPで出すのであれば流石にエリニュスなどの方が強力であると言えそうなので、事実上7コスト以上のコンボカードとしての採用という考え方をするのが良いでしょう。最悪5コストで出して事故緩和できる7コストで超強いカードって凄く優秀!

コンボカードとしての強力さを見るならコントロールヴァンパイアでの採用というのが濃厚に見えますが、7コストにはアルカードがいて、9コストにはセクシーヴァンパイアがいますので、そもそもそこのコスト帯のカードは鬼のようにパワーが高いという現状があります。
それらと比較しても綺麗にコンボが決まった時の破壊力は上であるといえ、やはりコントロールヴァンパイアには確実に投入されるカードになるように思われます。
ソウルディーラーとのコンボは9コストとかなり遅いため少し厳しい気もしますが、決まるとお互い進化も切れている可能性が高い上、ソウルディーラーが邪魔してブラッディ・メアリーを割れないというゲームエンド状況が発生しそうです。

個人的には現時点で新弾のカードの中で最も好感度が高いカードです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。