【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ケリドウェン」の考察

ケリドウェン
カード名:ケリドウェン
クラス:ネクロマンサー
5コスト 5/4 進化後 5/4
進化後:このバトル中に破壊された、コスト最大の自分のフォロワーをランダムに1体選択し、それと同名のフォロワーを場に出す。

テキスト読んで、「この試合」じゃなくて「このバトル」なんだwという違和感と、同名のフォロワーって名前だけ同じの1/1で悪さ出来るのかな、とかちょっと思わなくもなかったこのカードが先行紹介2枚目のカードとなりましたw
この手の進化後系特殊テキストのカードは全リーダーに追加されることが想像され、今から楽しみでなりませんね。

骸の王コンボが実用化する!?いやいや、そんなレベルじゃなく強いでしょw

テキスト見た瞬間にデッキビルダーなら全員が思い浮かべるのが「コスト踏み倒せないかな」ということでしょう。
ネクロマンサーといえば、有名なコンボにファントムハウル骸の王というコンボが存在し、そこまで特化特化した構築で無くとも最速4ターン目に骸の王を降臨させられることがあります。この骸の王がエクスキューションや守護で凌がれてからのツバキなどで仕事する前に除去られると概ねゲームエンドになってしまうため、現行のロイヤルがジャイアントスレイヤーやツバキを割と積んでいることなどの理由からコンセプトデッキの域を脱せていないというのが一般的な評価でしょう。
除去られた骸の王が1進化で帰ってくるというのなら、少し話が変わります。骸の王コンボ自体は割とゲームを終わらせ得る強力なコンボですので、保険が付くなら本気で特化構築が可能になる可能性はあるでしょう。そもそも骸の王コンボ自体が手札要求が高いのにケリドウェンまで引くってどんだけ引き厨なんだよという感じも勿論ありますので、ソウルコンバージョンガン積みの専用の構築が現実的になる気がします。なんか面白そう。(おもちゃの臭いも感じるけど)

っで、骸の王コンボばかりに目を奪われそうになるのですが、本人のスペックが及第点なので普通に強いということが割と忘れられがちです。別に骸の王無くてもクッソ強いじゃんというのが正直な感想。
地獄の解放者落としてからのリッチ登場→ケリドウェン進化→地獄の解放者登場ってこれ、やってることがウルズ解放者コンボとほぼ同じですよね?超強い。
やっとの思いでゴブリンマウントデーモン倒しました→ケリドウェン進化しました→ファンファーレデメリット無しでゴブリンマウントデーモン再登場ですが、何か?超強い。
書いててイラっとするぐらい強いですね、これ。
ケルベロス出してたりすると、ファンファーレ無いケルベロスとかいうゴミが沸いたりもするんですが、基本的になにやっても強いカードですよね、これ。ただ強。デッキの枠に限りがある上、5マナの競合が非常に優秀でとりあえず3投すればいいってほど単純なカードではないですが、最大出力だけ見ずとも安定出力で相当な出力。
モルディカイ生み出しても勿論強いですが、流石にもう進化はないでしょうし、オリヴィエとコンボでというのは流石に遅すぎる気がしますね。モルディカイ増やしたかったら流石にウルズ入れましょうとなりそうですが、相当なパワーカードなのは間違いなく、環境が激震する気配がプンプン漂っていますね。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。