【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ダークコンジュラー」の考察

カード名:ダークコンジュラー
クラス:ネクロマンサー
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ブロンズ
2コスト 2/2 進化後 4/4
【ファンファーレ】自分の場に進化後フォロワーいるなら、ゴースト1体を出す

標準スタッツの2/2/2。
ネクロの「自分の場に進化後フォロワーいるなら」テキストだが、ゴーストを出す能力。

※ゴースト 1/1/1 疾走 場を離れるときか自分のターン終了時、このフォロワーは消滅する。

ダークコンジュラーの役割

現行のアグロネクロにはスカルウィドウが入っている型とファイターが入っている型とがありますが、ファイターが入っている型は確実にこのカードに乗り換えするのが強いと言えます。ユニコーンの踊り手・ユニコに乗り換えるという手もありますが、デッキの方向性と相性が良いのはダークコンジュラーだと言えます。(アグロミラーで疲弊した場合、ユニコがエンドカードになり得るのですが)

普通に使っている場合、効果を発動させるタイミングはマナに沿った中型を引けずに2体展開することになった時でしょう。
相手に体力1の進化後フォロワーがいるのであれば大きなアドバンテージを取れます。

あとは、ファントムハウル無しでも後攻4Tに骸の王を召喚しやすく出来るカードです。
アミュレットを貼っておけば2コスト以下のカードをもう1枚出して進化→ダークコンジャラーで骸の王が登場出来ます。
ゴースト以外を多く犠牲にして降臨させる骸の王はさして強くは無いのですが、ケリドウェンによって複数回登場出来れば非常に強力だと言えるでしょう。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。