【ダークネス・エボルヴ】先行カード「エルフキング・ヴァルト」の考察

valt
カード名:エルフキング・ヴァルト
クラス:エルフ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:シルバー
7コスト 5/5 進化後 7/7
【ファンファーレ】フェアリー2枚を手札に加え、それらのコストを0にする

スタッツは7/5/5と標準サイズより2回りぐらい小さいです。
能力はエルフプリンセスメイジの進化時能力同様、0コストのフェアリー2枚を手札に入れる能力。

エルフキング・ヴァルトの役割

エルフプリンセスメイジの能力はかなり強力で、ダークネス・エボルヴ環境ではクリスタリアプリンセス・ティアの最速降臨に利用できますし、現環境でも、リノセウスの殺傷力を大幅に高めたり、中間のマナ帯でメタルエルフメイジやワンダーエルフメイジをエンシェントエルフで使い回す動きを実現したりします。
コストが重いとはいえ、進化権無しでこの動きが出来るのは強いと言えそうです。
…と言いたかったのですが、上述の動きは本来出来ないターンでその動きを可能にしているから強いわけです。
エルフキング・ヴァルトは7コストですので、本来そのターンでは出来ない動きとして挙げられるのは、8PPでのフォレストアケロウ効果発動ぐらいだと言えそうです。
フォレスト・アケロウがゲームエンドを目指せる程の強力なコンボだと言えそうなら、エルフキング・ヴァルトは手札補充能力としても使えることを勘案して強いと言えたと思うのですが、カードが出切った今、フォレスト・アケロウコンボで環境を取れそうというイメージは全く沸いておりません(汗

出た当初は大型への期待から高い評価を付けていたのですが、結果的に環境は速くなり、エルフキング・ヴァルトの仕事はリノセリーサルの準備以外では弱いよね、ということになってしまった気がします。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。