【ダークネス・エボルヴ】先行カード「エルフバード」の考察

%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%89
カード名:エルフバード
クラス:エルフ
2コスト 2/2 進化後 4/4
他のフォロワーが進化するたび、フェアリー1枚を手札に加える

エルフの他のフォロワーが進化するたびテキスト。
フェアリー1枚を手札に加える効果はそれらしいテキストだと言えそうです。
スタッツは2/2/2と標準スタッツ。

エルフバードの役割

エルフの2/2/2はエルフの少女・リザという2/2/2採用型ならほぼ確実に入ってくるカードがあります。他の競合としては放蕩するエルフやダンジョンフェアリーと言ったところです。
ダンジョンフェアリー程癖が強くなく、放蕩するエルフよりは強力なテキストだと考えられるため、2/2/2の採用枚数を増やしたい場合は選択肢に昇ってくるでしょう。

解りやすくシナジーするカードはティターニアの妖精郷で、エルフバードを処理しない限り毎ターンティターニアで進化したフェアリーによってエルフバードからフェアリーが生み出される無限機関と化します。
他の進化するたびテキストのカードと比べ、エルフはエルフバードと同時に出した別のカードを進化させる行動を取りやすいため、効果を最大限享受しやすいと考えられます。また、クリスタリアプリンセス・ティアのように進化権を使わずに進化するカードを利用することで効果を誘発することも出来るでしょう。
タイミングによっては2/2/2のフェアリーウィスパラーのような運用も可能になるといえ、アグロ寄りのエルフの手札枯渇防止カードとしてかなり有用なのではないかと考えられます。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。