【ダークネス・エボルヴ】先行カード「天空の守護者・ガルラ」の考察

%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%a9
カード名:天空の守護者・ガルラ
クラス:ビショップ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ゴールド
6コスト 4/4 進化後 6/6

【ファンファーレ】 自分のアミュレット1つのカウントダウンを3進める。相手のリーダーに3ダメージ。

みんな待ってたガルラさん。
カウント進めそうな顔してるなーとか言ってたら本当にカウント進める能力でしたが、オマケに3点バーンがついています。
スタッツは6/4/4とコストの割に小さめだと言えますが、能力が非常に強力なことを考えればむしろ高いスタッツだと言えます。

天空の守護者・ガルラ

バーン効果を考えれば、相性の良いデッキは疾走ビショップとなるでしょう。
カウントダウンを3つ進める能力はフル活用出来ることは少ないでしょうが、実質1枚アミュレットを強制発動させられる能力だと考えれば解りやすいと思います。詠唱:聖なる願いや詠唱:神鳥の呼び笛との相性が非常に良いと考えられます。神鳥の呼び笛は進化込み8点叩き出せるので、リーサルを狙える動きだと言えます。
特にカウントダウンアミュレットが無くても出すだけ3点なので、ガルラ2枚抱えて出し続けるだけでリーサルみたいな場面も普通にありそう。

出しただけで特に条件もなく3点確定するデモンストライク内臓能力の癖に、さらにカウントを3も進めて、本人のスタッツも低くないという解りやすいぶっ壊れカードなわけですが、ビショップがアレ過ぎるので許されている感があります。
ビショップのカードが充実してくるとカードパワーの高さが如実に出てくると思うので、弾が進めば進むほど「ガルラヤバい」という評が高まりそうです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。