【ダークネス・エボルヴ】先行カード「グランドガーゴイル」の考察

カード名:グランドガーゴイル
クラス:ウィッチ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ブロンズ
5コスト 4/5 進化後 6/7
【ラストワード】土の魔片1つを出す

5/4/5の標準スタッツで、破壊されると土の印を場に出します。

グランドガーゴイルの役割

ウィッチは手札を増やしやすいので手数で勝負しやすいリーダーだと思っています。
このカードはそのターンの他の行動を放棄してただの標準スタッツカードを場に出しているという意味では少し弱そう。
ただ、ラストワードの土の印は今弾推されている動きと噛み合っています。

土の秘術を戦略の中心に据えたウィッチ以外では採用可能性は0だと思いますが、土の秘術デッキはスタッツでゲームをするから採用検討枠には昇ってくる気もします。
ただ、このカードが土の印になって返ってくるのは6ターン目以降なわけで、5ターン目ジャストにこのカードを出せないと間に合わないといったイメージで、他のカードの方がやっぱり強いんじゃないかな、とも思います。
ノーチャンスという程ではないけど、積極的に推す程の理由も感じないといった感じのカードな気がします。

一方、アリーナでは鬼強いカードだと思います。時期環境はウィッチアリーナ最強説結構ありそう。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。