【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ハンプティダンプティ」の考察

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%86%e3%82%a3
カード名:ハンプティダンプティ
クラス:ニュートラル
4コスト 3/3 進化後 3/3
進化後:【進化時】お互いのフォロワーすべてに3ダメージ。(このフォロワーも含める。)

なんか凄いのが出てきましたw
ニュートラルでこれ出してくるか、という気持ちになる激しいテキストです。
ご丁寧に「このフォロワーも含める」と書いてある通り、死なばもろともで盤面を壊滅させるカードだと言えます。
事実上ほぼほぼスペルのような運用をされると理解して良さそうです。
複数被った場合は先置きによる相手へのプレイング強要といった使い方も可能そうですが。

ハンプティダンプティの役割

最もありそうな使い方としては、速度の遅いデッキが強力なコンボを成立させるための時間稼ぎに採用するような使い方でしょうか。
進化権を使用する上、盤面有利で返せるわけではないので、後から強くなる軽いカードを置いた分でつけられた差を返すのに適切なカードだと言えそうです。ただし、相手に体力3以上のカードが残っている状況で爆発すると辛いため、完全に盤面を放棄して迎えた先行5ターンの爆発はあまり機能しないと言えるでしょう。

どの程度のデッキに採用されるかは未知数ですが、性質としてはアグロキラーの性質があると言え、後攻4ターンや先行5ターンといったアグロデッキがそろそろリーサルを視野に入れようかなと思う少し前のタイミングで爆発されることで、そこまでの先行投資で失った分のリソースが回収し切れずに憤死するパターンが割と起こりそうです。

また、エルフの少女・リザとのシナジーも魅力的です。最低でも6PPのコンボになるため、相手の盤面に体力3以下のカードしかない場面がどの程度存在するかはかなり怪しいですが、ハンプティダンプティ本人の攻撃と合わせて盤面を殲滅する動きは割と現実的な気はします。小型守護を並べてのリーサル拒否に対してはこの動きは鬼のように強そうですねw
一方で、ハンプティダンプティをリザでメタる動きというのも考えられるわけで、ハンプティダンプティがコントロールデッキに採用されそうだなぁという所感と併せて考えると、エルフは冥府エルフに続いてリザでもコントロールデッキを殺しにきているというなかなか面白い構図になっています。運営的にエルフのコンセプトってコントロール殺しなのかな(汗

強さの程を非常に測りにくいカードなのですが、このカードでしかどうにも出来ないような場面をサクサクどうにかしてくれる可能性は高く、可能性の塊のようなカードだと思います。ただ強カードでは決してないですので、面白いカード作ったなぁという気持ちです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。