【ダークネス・エボルヴ】先行カード「氷像の召喚」の考察

カード名:氷像の召喚
クラス:ウィッチ
スペル
3コスト
フリーズゴーレム1体を出す。

※フリーズゴーレム
3コスト 5/5 進化後 7/7
守護
このフォロワーは攻撃不能。相手のターン終了時、このフォロワーは破壊される。

特殊なスペルです。
3/5/5守護という非常に大きなサイズのカードを出すことが出来ます。
ですが、このフォロワーは攻撃出来ない上、相手のターン終了時に破壊されるため、相手のリーサル拒否のために使うカードだと言えます。

次元の超越を利用することで相手のターン終了時をスキップ出来るため、超越後のフィニッシャーに使えそうな錯覚を起こしますが、「このフォロワーは攻撃不能」と書いてあるので出来ません。気をつけましょう。
また、進化しても攻撃出来ないことも重要なので気をつけましょう。
いくら気をつけても、集中し過ぎると逆にうっかり忘れちゃうんですけどねー(ぁ

氷像の召喚の役割

超越ウィッチ専用のスペルだと考えて良いでしょう。
ベルエンジェルと違ってスペルであるため、スペルブーストを進められる点、5/5と非常に高いスタッツであるため、そう簡単には乗り越えられない点、コストが3と控えめである点などから採用される可能性は高そうに感じます。
要求PPが7と高くはなりますが、通常ならまず生き残ることはないマーリンの横に立てることで、翌ターンの攻撃を可能にするといった運用も非常に強力そう。マーリン→進化→氷像の召喚→アタックの流れはかなり強いムーブ。

また、氷像の召喚を使われると、超越ターンが近いことを相手に予感させることが出来ます。
氷像の召喚を割ってでもダメージを進行させないとゲームに負けるという感覚を相手に抱かせることでブラフとして作用し、相手のリソースを無駄に使わせるなどといった高度な騙しが可能になるかもしれません。
進化後に攻撃をすることは不可能ですが、相手のリーサルを拒否するために進化でスタッツを上げて返すといったプレイングが有効になることもありそうです。
プレイングスキルを要求するカードになりそうなため、なかなか面白いテキストだなと感じます。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。