【ダークネス・エボルヴ】先行カード「忌むべき悪魔の像」の考察

%e5%bf%8c%e3%82%80%e3%81%b9%e3%81%8d
カード名:忌むべき悪魔の像
クラス:ニュートラル
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ゴールド
2コスト 0/3 進化後 2/5

【守護】
【ファンファーレ】 自分の場に進化後フォロワーが2体以上いるなら、+4/+2する。

普通に使うとベルエンジェルより堅いけどドローがついていない微妙なテキスト。
能力を起動させられれば2/4/5守護という破格のスペックになる。

忌むべき悪魔の像の役割

ベルエンジェルより体力が1高いことで、森荒らしへの報いやブレイジングブレスで破壊して疾走でリーサルする動きなどを防げるところは、普通に使っても差別化出来ているポイントといえ、劣化ベルエンジェルとまでは言えません。
ですが、流石に普通に使うなら汎用性が高いのはベルエンジェルと言えそう。

やはり、このカードを使うなら能力の起動を視野に入れて使いたいところ。
普通にプレイしていて進化後カードが2体出ている状況は既に勝っている状況なので、あまり想定する価値がありません。
このため、このカードは一斉進化系のカードとの相性が良いと言えます。
一斉進化のカードとして最もピンと来るのはアークエンジェル・レイナだと言えますが、このカードだと流石に遅すぎるかなぁという感覚があります。(そもそも一斉進化まで行ければ勝ってそう)
どちらかというと、現実的な運用としてはネプチューンとの併用だと思われます。竜騎兵などでコストを軽減して出す場合、進化込みで同時に出せる可能性も十分にあり、流石に全体除去のないデッキ相手にはかなり凶悪なコンボになることが予想されます。
また、その手のデッキであれば最悪2/0/3守護として運用してもリーサル遅延として弱くない運用になりそうです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。