【ダークネス・エボルヴ】先行カード「カグヤ」の考察

カード名:カグヤ
クラス:ビショップ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ゴールド
6コスト 5/6 進化後 6/7
進化後 【ラストワード】うたかたの月1つを出す

※うたかたの月
6コスト アミュレット
カウントダウン3
自分のターン終了時、攻撃力最大の相手フォロワー1体の攻撃力を1にする。
(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体。)

スタッツは6/5/6と標準スタッツ。
能力は進化した時にうたかたの月を場に出すラストワードを得る能力。
うたかたの月に関しては、謎が謎を呼び、散々界隈で盛り上がりましたが、毎ターン終了時、相手の攻撃力最大のフォロワー1体の攻撃力を1にするという地味な効果でした。
期待のハードルが高過ぎてがっかり感半端無いw

カグヤの役割

盛り上がり過ぎたため、出てきた効果のショボさにがっかり感が半端無かった(二度目)わけですが、冷静に考えるとなかなか強力な効果です。疾走型のビショップでは、相手の返しのフォロワーを無視してフェイスに打点を入れても返しでリーサルされる心配は激減します。
ただ、このカードの真価は栄光のセラフ・ラピスデッキで発揮されると言えそうです。
自身を出すのは6ターン目かテミス後の7ターン目だと言えそうですが、このカードが破壊されてうたかたの月を出したところで封じられし熾天使を出すことで容易に隙消しが可能です。元々、封じられし熾天使を出すターンの隙がネックだったわけですが、返しの盤面で最も大きなフォロワーは攻撃力1に下げられることになり、返しのリーサル難易度がかなり増加します。
テミス→カグヤ進化→封じられし熾天使の流れ自体は非常に強力といえ、ラピスデッキの必勝パターンになりそうです。
カグヤ本人のスペックが及第スペックなので、かなり仕事しそう。(ただ、耐え切りながら必要なカードを揃えるのは簡単では無いですが。)

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。