【ダークネス・エボルヴ】先行カード「渾身の一振り」の考察

カード名:渾身の一振り
クラス:ロイヤル
カードタイプ:スペル
レアリティ:シルバー
2コスト
「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ナイト1体を出す。相手のフォロワー1体に2ダメージ

恐らく、撃つために必要な条件は対象に取れる相手フォロワーが存在することとなるでしょう。
使用したタイミングでフォロワー数の判定を行い、相手の方が多ければナイト1体を出す。その後、相手の対象フォロワーに2点という流れだと考えられます。

渾身の一振りの役割

遂にロイヤルにも来た、2点除去。
しかも比較的満たしやすい条件でナイト1体を追加出来るためかなり優秀なカードだと言えます。
後攻から捲りたいときに1コストフォロワーを引けなかった場合でも、このカードを使えば一気に優位に立てます。
これまでロイヤルミラーはなんだかんだで先攻フェンサーが強くて先攻有利だったと思いますが、このカードの存在は後攻側を有利にするぐらいには価値がありそう。
これまで実質アンタッチャブルだったトリニティドラゴンやデスミストドラゴンを除去出来るようになったことも大きいと言えそうです。

ロイヤルの低コストカードの配分を変え得るカードだといえ、どの型のロイヤルにとっても収穫足り得るカードなのではないかと思います。
他のクラスが得たカードに比べて地味過ぎるとか、そんなこと言っちゃ駄目ですよ!

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。