【ダークネス・エボルヴ】先行カード「荒牙の竜少女」の考察

カード名:荒牙の竜少女
クラス:ドラゴン
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ブロンズ
2コスト 2/2 進化後 4/4
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、相手のリーダーに1ダメージ

2/2/2と標準サイズ。
能力が強力で、本弾で推されているディスカード系のカードとシナジーする。
1枚につき1点ダメージは大きい。

荒牙の竜少女の役割

最も強力なコンボは竜巫女の儀式によるドローコンボ完成後に運命と一緒に使用する動き。
荒牙の竜少女→新たなる運命8点→新たなる運命8点と決まるとそれだけでほぼゲームが終わります。(…いや、先に死神引く気がしてきた)
序盤に盤面を取らせ過ぎないために出して凌ぐのにも、ゲームエンドコンボとしても使えるのは非常に優秀と言えそう。
あとは天翼を喰らうものとのコンボも優秀そう。このカードが紹介されるまでは流石に天翼はディスカードドラゴンに入らないだろうと思っていましたが、現実的になった気がします。むしろ手札が一度9枚になったら新たなる運命より天翼の方が優秀なわけでw

新たなる運命・天翼以外のディスカード系カードとシナジーさせてもせいぜい1点か2点しか稼げないと思うし、ドローコンボ成立前だと新たなる運命で捨てる枚数もたかが知れているため、実際にはそこまで解りやすく強いかは疑問。
とはいえ、ディスカードドラゴンの可能性を大きく底上げしたカードだと言え、逆に言えば元々ディスカードドラゴンのエンドカード候補だった竜呼びの笛の価値を相対的に引き下げたカード。こっちがレジェンドで良かったんじゃないか?w

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。