【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ラビリンスデビル」の考察

%e3%83%a9%e3%83%93%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%87%e3%83%93%e3%83%ab
カード名:ラビリンスデビル
クラス:ヴァンパイア
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:シルバー
4コスト 3/4 進化後 5/6

進化後:【進化時】復讐状態なら、相手のフォロワー1体を破壊する。

やっぱり出てきました。進化時、復讐状態ならテキスト。
スタッツは4/3/4と標準で、進化後も+2/+2修正ですが、復讐状態なら追加テキストが入ってくるカードです。

ラビリンスデビルの役割

進化時に復讐状態だったらという限定付きですが、相手のフォロワーと1:2以上の交換が出来るカード。ワードローブレイダーと違って大型カードも除去できるのは強みだと言えます。

…いや、ワードローブレイダーで良くね?(汗
復讐状態で進化出来るケースってそんなに無い気がしますし、そんな状態を作り上げたんならダークジェネラルで6点入れてリーサルしたい場面だと思います。
能力が活きる場面が限定的過ぎる割に、それ以外の場面ではバニラ4/3/4というのは致命的で、条件を満たせば勝てるぐらいの価値が無いなら流石に入らないと思います。

まぁ、ヴァンパイアはダークネス・エボルヴでは大豊作なのでシルバーの枠が1枚残念枠だったぐらい痛くも痒くもないですね。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。