【ダークネス・エボルヴ】先行カード「メドゥーサの魔眼」の考察

カード名:メドゥーサの魔眼
クラス:ヴァンパイア
カードタイプ:スペル
レアリティ:シルバー
2コスト
ターン終了時まで、自分のフォロワー1体は「【攻撃時】フォロワーへ攻撃したなら、ダメージを与え合う前にそのフォロワーを破壊する」を持つ

必殺に近い効果を自分のフォロワーに付与するカード。
必殺との違いは必殺はダメージ計算を行った上で相手を破壊するが、メドゥーサの魔眼はダメージ計算を行わないから一方的に破壊出来るところ。
防御時には仕事をしないのも差異になります。

メドゥーサの魔眼の役割

アグロネクロに時々死への近道というカードが刺されていますが、アレの実質上位互換になります。
死への近道は弱いカードにつけて1:2交換をしても良いカードにつけなければなりませんでしたが、このカードはつけたフォロワーが割れないのでどんなカードにつけても良く、守護の向こう側にいる相手に届かない難点はありますが、実質2コスト除去という破格のカードです。
全リーダーの確定除去の中で最も軽い除去であるといえ、明確にパワーの高いカードだと思います。

ただ、除去が欲しいデッキはアグロ寄りのデッキで、今弾に死の舞踏が実装されました。
メドゥーサの魔眼と比べて圧倒的に重いカードではあるのですが、AP1のフォロワーにメドゥーサの魔眼をつけた場合と比べても3点打点差があります。
3点はかなり大きな打点差になるため、どちらを積むかと言われたら死の舞踏の方が有効そうな気がしています。

早い段階での大型守護の降臨などにも対応できるため、その部分の対応力も考えると悩ましいところです。主にエンシェントエルフ、次点として守護では無いですが、骸の王への対策といったところでしょうか。また、死への近道同様、オーレリアなどの対象に取れない守護にも効くところは非常に強いです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。