【ダークネス・エボルヴ】先行カード「魔女の雷撃」の考察

%e9%ad%94%e5%a5%b3%e3%81%ae%e9%9b%b7%e6%92%83
カード名:魔女の雷撃
クラス:ウィッチ
スペル
3コスト
相手のフォロワー1体に4ダメージ。
自分の場に進化後フォロワーがいるなら、カードを1枚引く。

スペルブースト無しで撃てる中型フォロワー除去です。
地烈弾よりも軽く4点出せるのは魅力的なテキストだと言え、条件付きとはいえキャントリップドローが付いているのはかなり強そうです。
白霜の風もそうですが、軽量で強力なスペルを増やし過ぎると次元の超越が害悪になり過ぎることを理解しているのか、少し重めでバリューの高いカードを増やしてきている感じがありますね。

魔女の雷撃の役割

進化後殴りで弱った中型の処理に加えて、小型の処理にも勿論使えます。
条件のテキストは5PPであれば2コストフォロワー進化とともに使うことが出来ますし、スノーマンの残党で満たせることもあるでしょう。
スペルブースト無しで撃てるのが優れているため、冥府ウィッチにおいては採用率が高いカードになるかもしれないなぁ、と感じています。

単体のカードパワーで見れば全く申し分ないのですが、超越ウィッチでは特にコストが重いカードはそれだけで採用が躊躇されます。
コスト3というのは絶妙なラインではあるのですが、ドロー無しならウインドブラストの劣化になりかねない費用対効果なので、採用されるかどうかはグレーな印象があります。
また、アクセスに関してもマーリンでのドロー純度を高めるために採用するという考え方もあり得るし、マーリンで引けない除去という弱みとして考えることも出来る絶妙なカードだと言えます。

確実にウィッチのスペル採用の候補には挙がってくるカードだと思いますが、実際に採用に至るかどうかは難しいラインで、ベタ褒めはしにくいけど強そうなカード、というのが使ってみるまでの所感といった気持ちです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。