【ダークネス・エボルヴ】先行カード「マリスゴースト」の考察

カード名:マリスゴースト
クラス:ネクロマンサー
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ブロンズ
4コスト 4/2 進化後 6/4
【ラストワード】ランダムな自分のフォロワー1体を+2/+0する

4/4/2というかなり頼りないスタッツ。
ラストワードでランダムな自分のフォロワーの攻撃を+2出来るので、非常に攻撃的なテキストではあります。

マリスゴーストの役割

第一印象、割とラストワードが空振りしそうというところが致命的に感じます。
自分から死ににいくには勿体ないコストなので、破壊を相手に委ねることが多くなると思いますが、相手にタイミングを選ばれたら先に他のカードを一掃してからマリスゴーストを割られるなど、旨みのない展開が多そう。
纏わりつく亡霊やファントムドラゴンなど、潜伏持ちと併用すればその問題は解決しそうですが、潜伏状態のまま相手ターンを迎えるならそもそも打点を失っているので微妙そう。

一番強力な使い方は潜伏付きのファントムドラゴンを予め用意しておき、ファントムドラゴンアタック→マリスゴースト自害→ファントムドラゴン潜伏と攻撃+2を得て翌ターンへとかでしょうか。+2修正をそのターンに活かせてないの弱いですが。

強い状況が限定的過ぎる上、それがそこまで強いかと言われるとやや疑問なので、弱そうかなーと思います。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。