【ダークネス・エボルヴ】先行カード「魔術書の解読」の考察

カード名:魔術書の解読
クラス:ニュートラル
スペル
6コスト
カードを3枚引く

単純明快なドローソースです。
大体この手のカードは他のTCGでは強いことが多いのですが、シャドウバースにはパーミッションという概念が無いので勝手が違います。

魔術書の解読の役割

ウィッチでもっとヤバいドロソの神秘の獲得が使われてないのに強いわけないじゃん!
というのは少々短絡的に過ぎるという感じでしょう。
クラスがニュートラルであるドローソースというのはやはりそれだけで魅力的なものです。

ただ、6PPを3ドローでスキップして勝てる程このゲーム甘くないよね、という気持ちもあります。
何らかの理由でどうしてもアクセスしたいエンドカードがあるデッキでなければ採用は難しいでしょう。

最も使われる可能性が高いデッキはドラゴンだと考えられます。
竜呼びの笛以降に魔術書の解読を使用してヘルフレイムドラゴンでどうにか誤魔化しつつエンドカードにアクセスするといった使い方はチャンスがあるかもしれない、とか。
また、鳳凰の庭園を有するクラスなので、3コストで魔術書の解読でリソースを補充しながら同時に強力なカードを展開することも可能でしょう。鳳凰の庭園絡みのデッキは強いかは置いておいてダークネス・エボルヴで自由度が非常に上がったと言え、ファンデッキマニア垂涎の楽しさを追求したデッキを作れること請け合いでしょう。
…そうゆうデッキを使う場合、対面がウィッチだった場合大人しく投了するのが良いと思います(ぁ

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。