【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ミラージュディフェンサー」の考察

カード名:ミラージュディフェンサー
クラス:ロイヤル
カードタイプ:フォロワー
タイプ:兵士
レアリティ:ブロンズ
4コスト 3/4 進化後 5/6
【守護】

4/3/4という標準スタッツでありながら守護を持っているカード。それでいてタイプが兵士。
進化後5/6になる4/3/4スタッツのカードが他に無いからという理由でゴリアテを採用する人がいる程度には欲しかったカードだと言えます。

ミラージュディフェンサー

標準スタッツの守護カードは歴戦のランサーよろしく基本的にただ強カードなのでそれだけで評価できます。
ロイヤルの4コスト帯はホワイトジェネラルとフローラルフェンサーが採用されることが多いですが、ホワイトジェネラルはバフ対象が無く4/3/3で出すことも多いです。また、他に選択肢が無いから周りのコスト帯を厚くすることで事故防止をしている側面もありました。
ミラージュディフェンサーはそのあたりに入り込める可能性があり、今弾の数少ないミッドレンジ以降のロイヤルの収穫だと言えるでしょう。
また、レオニダスなどの大型フィニッシャーに繋げるためには優秀な守護の本数は必要不可欠だったわけで、守護をガン積みすることによってゲームスピードを遅くするタイプのロイヤルが型として考えやすくなりました。
まぁ、その型のロイヤル、冥府エルフや超越ウィッチなどの現行環境の強デッキに勝てる要素がないという致命的な欠陥を抱えているんですけど。特に環境初期では現行環境の延長線上のデッキが多く見られると思いますので、その手の型は厳しそうですね(汗

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。