【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ネプチューン」の考察

neptune
orka
カード名:ネプチューン
クラス:ドラゴン
7コスト 5/5 進化後 5/5
【守護】
【ファンファーレ】オルカ1体を出す
【進化時】自分のオルカ全てを進化させる

※オルカ 2コスト 2/2

実質7コスト7/7と標準スペック感。
進化させると、本体のスペックは変化しないながら、オルカが4/4に進化します。レアケースになると思いますが、オルカが複数体いる場合は全て進化させることが出来る点もいつか役に立つことがあるかもしれないです。
進化1枚で2体同時に進化するため、盤面を複数整理可能なカード。
本体が守護を持っているため、無視してフェイスを殴る動きがしにくいです。

ネプチューンの役割

ドラゴンウォーリアがあれだけ優秀なコスパを誇っているにも関わらず最近採用から漏れている傾向を考えると、少し弱そうにも見えます。
ただし、1枚で2体殴れるのは強力であり、かつ、ドラゴンにはマナ加速もあるため盤面に2体とも残した状態でターンを返せる確率が高いのは非常に強く、ドラゴンウォーリアとの差別化点その1になりそう。
また、本体が守護を持っている点が非常に強力で、このカードを無視してフェイス殴ってリーサルが出来ず、大きな抑止力となることが予想されます。

また、ネプチューンにとって追い風なのは、ドラゴンの7コストにはろくなカードがないことが挙げられます。
今採用されているのを見かける7コストカードは灼熱の嵐程度で、6コストで騎竜兵を引けなかった時に7コストでまともなカードを出せずに困るという現象が散見されます。
7コスト帯の競合の無さからを考えても、守護込みで盤面を取ることが出来るこのカードは優秀であるといえ、何かに余程特化していないランプドラゴンには標準搭載される可能性が高いと言えそうです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。