【ダークネス・エボルヴ】先行カード「太陽の巫女・パメラ」の考察

pamera
カード名:太陽の巫女・パメラ
クラス:ウィッチ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:レジェンド
5コスト 4/5 進化後 6/7
【ファンファーレ】【土の秘術】このターン終了時、このフォロワーが場にいるなら、自分の他のフォロワーの攻撃力/体力を2倍にする

スタッツは5/4/5と標準スタッツ。
効果はレジェンドらしい豪快な効果で、土の秘術が発動した場合、パメラが場に残っていれば、自分の他のフォロワー全ての攻撃と体力を2倍にします。

太陽の巫女・パメラの役割

土の印がある状況で、パメラ以外にフォロワーがいる盤面を作れば強力な効果を得ることが出来ます。
7PPでガーディアンゴーレムの練成とパメラを両方使うことで6/6守護を沸かせるなどは解りやすい強い使い方だと言えそうです。
何故か、「このターン終了時、このフォロワーが場にいるなら」という条件がついていますが、進化殴りしても簡単に死ぬようなスタッツではありませんし、このゲームには罠やインスタントはないので余計なことをしなければ条件を満たせるでしょう。
今後ウィッチ版骸の王みたいなカードが出てきたらこのテキストのことを恨む日が来るかも知れませんね。

シナジーするカードとして、ベビーウィッチ・エミルが挙げられそうです。5PP時でもエミルと同時に出すことで盤面空の状態からでも2倍バフを得ることが出来ます。
根源への回帰のナーフのおかげで、複数体大きなスタッツのカードが盤面にいる状態を簡単に返す方法が減りましたので、綺麗に決められればゲームを決められるだけのパワーを持っていると言えそうです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。