【ダークネス・エボルヴ】先行カード「古き魔術師レヴィ」の考察

カード名:古き魔術師レヴィ
クラス:ウィッチ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ゴールド
2コスト 2/2 進化後 4/4
進化後 【進化時】紅蓮の魔術1枚を手札に加える

※紅蓮の魔術 1コスト スペル 3ダメージを与えるらしいが、対象がフォロワーかリーダーか両方か情報が無い

スタッツは2/2/2と標準スタッツ。
進化時に1コストで、少なくともフォロワーには3点ダメージを与えられるであろうスペルを手札に加えます。
進化時に強い効果を持っていますが、進化できちんと+2/+2修正を得ます。

古き魔術師レヴィの役割

ここから先、紅蓮の魔術の効果は「相手フォロワー1体に3ダメージを与える」というテキストという前提で考えます。リーダーも狙えたとしてもそんなに評価に影響はないと思います。(ちょっと便利になるけど)リーダーしか焼けないカードだった場合、評価は大きく下がります。

2/2/2なので、先攻2ターン目に置く妥協カードとしてはありです。
基本的には4ターン目に進化込みで使用して、相手キャラを複数除去することで不利盤面を覆すのが役割になると思います。
進化はマーリンに充てたい向きもあるでしょうが、4ターン目や5ターン目にマーリンを出すと、相手の打点を止め切れずにそのまま負けるパターンも多いですし、マーリン進化は一度撃てば十分ですので、このカードに進化を当てるのは悪くないでしょう。
後攻4ターン目にレヴィ進化→2コスト除去と動けば、5ターン目にマーリン進化+紅蓮の魔術という動きも行いやすく、勝ちパターンに持って行きやすくなると思います。
氷像の召喚同様、超越ウィッチの選択肢に入ってくるカードだと言えそうです。こちらは超越ウィッチ以外のウィッチでも選択肢に入ってくるカードだと思いますが。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。