【ダークネス・エボルヴ】先行カード「竜巫女の儀式」の考察

%e7%ab%9c%e5%b7%ab%e5%a5%b3
カード名:竜巫女の儀式
クラス:ドラゴン
アミュレット
3コスト
自分が手札を捨てるたび、捨てたカード1枚につき、カードを1枚引く。

えーっと、ノクシャスロアードラゴンといい、こいつといい、一体ドラゴンはどこに向かっているのでしょうか?
効果はかなり豪快で、手札を捨てるカードと合わせることで、豪快にドローすることが可能です。

竜巫女の儀式の役割

現時点でドラゴンには引いたカードをそのまま打点に変える類のカードはあまり存在しないため、冥府ドラゴンでの利用が想定されます。
このカードとシナジーのあるカードとしては、ドラゴニュートスカラー、黄金竜の棲家、神龍、新たなる運命、天翼を喰うものがあります。
完全にドラゴンは手札交換推しみたいなので、恐らくは「他のフォロワーが進化したとき、最もコストが低いカード1枚を捨て、1枚ドローする」テキストのカードも実装されると思われます。
冥府ドラゴンを考える際に最大の問題だったのは手札の枚数が伸びない問題だったのですが、竜巫女の儀式+新たなる運命は手札枚数を2倍にする鬼コンボなので、決まれば一気に手札を増やせます。また、それ以外の手札交換系のカードに関しても竜巫女の儀式と合わせることで全てが1枚捨て2枚ドローするという鬼カードになるので、竜巫女の儀式へのアクセスさえ出来れば手札を増やすことはそれほど難しくなさそうです。

現時点での問題は、竜巫女の儀式にアクセス出来ないと手札を増やせないことと、全体的に物凄くテンポを失う行動を要求されるので早めのデッキには物凄い勢いで狩られそうなことでしょうか。
これほど推されているのに作らないわけがないので、必ず作られるデッキタイプだとは思いますが、強いデッキタイプになるかと言われると現時点ではかなり怪しそうだという気がしています。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。