【ダークネス・エボルヴ】先行カード「僧侶の聖水」の考察

カード名:僧侶の聖水
クラス:ビショップ
カードタイプ:スペル
レアリティ:ブロンズ
2コスト
自分のリーダーか自分のフォロワー1体を2回復。カードを1枚引く

2点回復しながら手札交換が出来るカード。

僧侶の聖水の役割

基本的には時間稼ぎしながら手札を交換するというのが役割になりそうです。
ただ、序盤にこれを使ってしまうと2点では済まないテンポロスになりますし、後半もマナカーブ通り動くことを阻害します。
テミスの審判があるため、ある程度無茶はしやすいのですが、気高き教理と比べて同程度のメリットを得られるカードかと言われると疑問です。
栄光のセラフ・ラピスデッキでの採用が考えられそうですが、もうちょっと盤面を意識してゲームをしないとテミスしても間に合わず、そもそも封じられし熾天使を置く隙を与えて貰えない危険が高いような。
軽いカードと同時に使うことで割と仕事をする可能性はあると思いますが、枠が結構カツカツな気がしますので、このカードまで入れている余裕は無いんじゃないかなと思っています。フォロワーも回復出来るので、フォロワー回復で地味に強い動きが出来ることも少なくはなさそうですがw

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。