【ダークネス・エボルヴ】先行カード「封じられし熾天使」の考察

%e5%b0%81%e3%81%98%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%97
%e7%9b%ae%e8%a6%9a%e3%82%81%e3%81%97
%e8%98%87%e3%82%8a%e3%81%97
%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%b9
カード名:封じられし熾天使
クラス:ビショップ
8コスト
アミュレット
カウントダウン1
ラストワード 目覚めし熾天使1つを出す。

目覚めし熾天使
8コストアミュレット
カウントダウン1
ラストワード 蘇りし熾天使1つを出す。

蘇りし熾天使
8コストアミュレット
カウントダウン1
ラストワード 栄光のセラフ・ラピスを1つ出す。

栄光のセラフ・ラピス
8コストアミュレット
カウントダウン1
ラストワード このバトルに勝利する。

というわけで、ビショップのレジェンドが遂に来ました。
効果は特殊勝利。10コストでいつか出てくるだろうなと思っていましたが、まさか8コストで出てくるとは。
ラストワードを1回発動させるだけでは勝利出来ないところあたりはよく考えられてあるなと感じました。スカルフェインの価値は上げさせない方針w

ビショップ使いからは「これじゃねぇwww」という阿鼻叫喚の声が聞こえてきそうですが、おもちゃ造り職人からすれば垂涎の逸品と言え、強い弱いに関わらず一定数は犠牲者が生まれることになるでしょう。(使われた側が犠牲になるのか、使った側が犠牲になるのかは微妙なラインw)

どうでも良いですが、カード名に詠唱:と付いていないビショップのカウントアミュレットはこれだけですかね?
格式の高さが慮られます。(※祈りの集約がありましたw)

封じられし熾天使の役割

ビショップの主流デッキとなるかどうかは置いておき、確実に専用デッキが組まれるカードだと思います。
カード相性から考えると、出したターンに無防備になるのが厳しいため、その他のカウントダウンの発動(特にガーディアンフォックスなど)と合わせて使いたいところですが、そもそもこのカードに8ターン目までにアクセスしたいという問題があります。
このカードのサーチにプリズムプリーストを使いたいのであれば、敢えて他のアミュレットを廃する構築が有効になってくる可能性もあります。

なお、効果は何もしなければ

8ターン目:封じられし熾天使配置
9ターン目:目覚めし熾天使出現
10ターン目:蘇りし熾天使出現
11ターン目:栄光のセラフ・ラピス出現
12ターン目:ゲームに勝利

という流れになります。これだと遅いと言えますが、気高き教理や見習いシスターなどによるカウント促進が可能です。
9ターン目にカウントを進めるカードを3枚使用すればその場で勝ちが確定します。

特殊勝利であるが故に相手のライフを削る必要が皆無であるというメリットがあるとはいえ、

・8ターン目の返しまでの打点でリーサルを拒否する必要がある
・8ターン目までにこのカードを引いておく必要がある(遅れれば遅れるほど耐えなければならない攻撃が苛烈になる)
・カウント進行カードを複数引いておく必要がある(なければそれだけ耐えなければならない攻撃が苛烈になる)
・変性の魔術やオーディンには殺意を持って臨む必要がある

などの厳しい条件を掻い潜らなければ満たせない条件なので、単純に考えて難易度は高いです。
まぁ、この手の特殊条件勝利デッキがTier1に蔓延するとゲームが崩壊してしまうので、かなり厳し目に設計されているとは感じます。
ただ、どこからどう考えても紙という程のレベルのやっつけ特殊条件勝利ではなく、「なんか成功する試合もありそう」ぐらいには思える効果であると言え、絶妙な調整を感じますw

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。