【ダークネス・エボルヴ】先行カード「死の一閃」の考察

カード名:死の一閃
クラス:ネクロマンサー
カードタイプ:スペル
レアリティ:ブロンズ
3コスト
体力3以下のフォロワー1体を破壊する。自分の墓場が4枚以上あるなら、体力4以上の相手フォロワー1体を選択できる。選択した場合、ネクロマンス4: そのフォロワーを破壊する

色々と面倒な表現をしているが、要するに体力4以上のフォロワーを選択しなければネクロマンス4使わないということを言いたい模様。

墓地4枚未満→体力3以下のフォロワーを破壊
墓地4枚以上→全てのフォロワーを選択可能。体力4以上のフォロワー割るならネクロマンス使う

こうゆうことかと。

死の一閃の役割

ネクロが得た軽目の除去。
ソウルハントは墓地を1増やせる代わりに大型を駆除できませんでしたが、このカードは墓地を増やす効果はないものの、ネクロマンスを消費することで大型にも対応出来るカードです。
1枚で墓地を2増やせることを余程重視しない限りはソウルハント枠は死の一閃に変わると言えるでしょう。

そもそもの問題として、ネクロは大型に対処する手段が少なく、死への近道などのコストパフォーマンスの悪いカードを使っていたのですが、大半のケースにおいてはこのカードの方が強い動きが出来るようになりそうです。
また、これから先全ての除去は死の舞踏と比較されることになりますが、アグロネクロ以外のネクロであれば死の一閃の方が強いと言えそうです。
死の舞踏は5コストであるため、魂の再利用死霊の宴などのアミュレットと同時に利用出来るのが8PPと極めて遅くなりますが、死の一閃であれば6PPで隙消ししながら貼れるからです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。