【ダークネス・エボルヴ】先行カード「詠唱:神鉄の翼」の考察

カード名:詠唱:神鉄の翼
クラス:ビショップ
カードタイプ:アミュレット
レアリティ:ブロンズ
2コスト
カウントダウン4
自分のフォロワーが進化するたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。
【ラストワード】アダマントバード1体を出す

※アダマントバード
5コスト 3/5 進化後 5/7【突進】

カウントダウン4というかなり息の長いカウントアミュレット。
自分のフォロワー進化のたびにカウントが進むので、実質カウントダウン2~3ぐらいで運用できることは多そうです。
効果は3/5突進のフォロワーを出す効果です。

詠唱:神鉄の翼の役割

序盤に引いた詠唱:神鉄の翼はそこそこ仕事をすると思います。
ですが、カウントダウンアミュレットはカウントの数が多ければ多い程中盤以降に引くと超弱いわけで…
まさかアダマンの名を冠しておきながら守護もついていないとは思いませんでした。

正直、息の長いカウントアミュレットは詠唱:獣姫の呼び声でお腹一杯ですので、このカードが入る隙は無いと思います。ガルラで割るなら疾走付きのアミュレットを割りたいですし、ガルラ無しでまともに機能するカウント量とも思えません。
せめて守護があれば栄光のセラフ・ラピスデッキでの採用が見込めた気もするのですが、それもないので採用理由が見当たらないというイメージです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。