【ダークネス・エボルヴ】先行カード「水晶の魔撃手」の考察

%e6%b0%b4%e6%99%b6
カード名:水晶の魔撃手
クラス:ウィッチ
4コスト 3/4 進化後 5/6
他のフォロワーが進化するたび、スペルブーストする。

スタッツは4/3/4と標準スタッツ。
能力は今回流行りの他のフォロワーが進化するたびテキストで、狙って使えば往復で効果を発動させられるため、2回分は期待出来るでしょう。

水晶の魔撃手の役割

無し。

以上、なんか質問ある?

というのは半分本気、半分冗談なのですが。スペルブーストを活用するデッキでは、4コストのフォロワーという時点で相当なメリットテキストが無ければ正直積みたくないカードです。なるべくフォロワーの枚数を抑えて構築するわけで、実質自分以外にもう一人フォロワーを要求するこのテキストとの噛み合わせは最悪です。デッキインする要素は限りなく皆無だと思います。
このカードよりはまだ扱いやすいスペクトラルウィザードでさえほぼデッキインしないというのに、平均的に見てそれよりさらに弱いカードとなれば、お察しというやつですよねw

とはいえ、アリーナにおいてであれば中型の標準スタッツというだけで採用の目はあり、炎の握撃の必要コストを下げてくれるみたいな副次要素もあるのでそれなりの仕事はするでしょう。ウィッチのアリーナでの強さを押し上げてくれるいいテキストなんじゃないですかね?
魔女の雷撃もありますので、ウィッチはダークネス・エボルヴ環境のアリーナでは今より強くなるのではないかと密かに思っています。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。