【ダークネス・エボルヴ】先行カード「魂の再利用」の考察

%e9%ad%82%e3%81%ae%e5%86%8d%e5%88%a9%e7%94%a8
カード名:魂の再利用
クラス:ネクロマンサー
アミュレット
3コスト
カウントダウン2
自分のターン終了時、カードを1枚引く。
自分がネクロマンスするたび、カウントダウンを1遅らせる。

ネクロマンサーに超強力なドローソース出ました。
仮にネクロマンス出来なくても確定で2枚ドロー出来ます。
漆黒の契約と違ってデメリットテキストが無い上にミニマム2ドローで恐らく平均ドロー枚数は大きく上回るであろうというのは驚異的です。

魂の再利用の役割

ネクロはミッドレンジネクロよりもアグロネクロの方がソウルコンバージョンの使用率が高いという謎の現象が起こるぐらいに手札の打点還元率が高いリーダーです。
ソウルコンバージョンのテンポロスよりもそこからのドローが出すインスタント打点の方が高いから採用されているというような現状を見る限り、テンポロスが酷過ぎて採用不可能という事態にはなりそうにないです。(ソウルコンバージョンの方がドローが早いため、アグロネクロに関して言えばこのままソウルコンバージョン採用の可能性の方が高そうですが。)

このカードと最も強烈にシナジーするカードはファントムハウルと言えるでしょう。
ファントムハウルのテキストは

場が上限枚数になるまで「ネクロマンス 1; ゴースト1体を出す」をくり返す。
(上限は5体)

ですので、他にカードがいない場合、魂の再利用のカウントを4増やすことが出来ます。
悪霊の饗宴ファントムハウルで4回反応するのを確認しているので、これは何らかのルール変更が無い限りは確定だと考えています。
ファントムハウルで一度カウントを増やしてしまえば実質試合中永続的に2ドローするドロー機関になるわけで、これは強力。

どのネクロデッキに入れても強そうな一方で、明確に「こんな使い方をすると強い!」という解りやすいカードでもないように思えます。
環境で最も強いドローソースの一つであることは確実なので、ネクロデッキを作成する際に常に選択肢に挙がってくる1枚になるのではないかと想像されます。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。