【ダークネス・エボルヴ】先行カード「天界の忠犬」の考察

カード名:天界の忠犬
クラス:ビショップ
カードタイプ:フォロワー
レアリティ:ブロンズ
2コスト 2/2 進化後 4/4
【ファンファーレ】自分の場に進化後フォロワーがいるなら、+0/+2して、【守護】を持つ

テキストの主語が解らないやつがまた来ました。
+0/+2する対象はどこでしょうか?
進化後フォロワーなのか、自分なのか…
私は自身を+0/+2して守護を持つだと思うので、その方向で考察してみます。
なお、スタッツは2/2/2と標準。

天界の忠犬の役割

現行のビショップにはアーデントシスターという、進化させると少し狂気を帯びた表情になるカードがファンカードとして搭載されていることがあります。その枠は天界の忠犬で良いでしょう。ユニコーンの踊り手・ユニコもその枠を争う競合ですが、流石に天界の忠犬の方が強そう。

ビショップはカウントアミュレットを持っているため、全リーダーの中で進化カードと同時に別のフォロワーを登場させるのが最も楽なリーダーです。天界の忠犬の相棒は恐らくホーリーフレイムタイガーになるでしょう。他にもスレッジエクソシスト辺りもシナジー候補だと思います。
進化後ホーリーフレイムタイガーの横に2/2/4守護のこのカードが出てくると、相手は翌ターンホーリーフレイムタイガーを割ることが困難になるため、高確率で次のターンに6点通すことが出来るようになります。疾走ビショップなどにおいて、このダメージは馬鹿にならない加点であると言え、ガルラ様によるリーサルの道筋が見えやすくなるでしょう。

2/2/2として普通に使え、中盤でもアミュレットを配置しながら進化後ホーリーフレイムタイガーを守るなど器用な使い方が出来るとことが予想され、攻守ともに優れた良カードだと言えそうです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。