【ダークネス・エボルヴ】先行カード「盗賊の極意」の考察

カード名:盗賊の極意
クラス:ロイヤル
カードタイプ:アミュレット
レアリティ:ゴールド
3コスト
自分のターン終了時、【潜伏】状態の自分のフォロワーすべてを+1/+1する

運営からの潜伏推しの極め付けカード。
自分の潜伏状態のフォロワーすべてを自分の毎ターン終了時に+1/+1出来ます。

盗賊の極意の役割

潜伏状態は攻撃すると消えてしまうので、闇を纏う暗殺者などで後付けしない限りは攻撃するとこのアミュレットの恩恵を受けることが出来なくなります。このため、潜伏カードを潜ませたまま耐え忍ぶ必要があります。

解りやすい理想ムーブについて考えてみましょう。
後攻1ターン目ニンジャエッグ→2ターン目クノイチエッグ→3ターン目盗賊の極意→4ターン目クノイチエッグ進化→スウィフトペネトレーター

こうすると4ターン目終了時に3/3のニンジャエッグ、6/5のクノイチエッグ、5/3のスウィフトペネトレーターがいる状態になります。

強い!

…まぁ、こんな動きをしていたら返しでそろそろリーサルですね。
実際には4ターン目に進化したカードは流石にバフは諦めて盤面取るのに回すのでしょうが、それにしたって3ターン何も動かないのは無理ですw
このように考えると、どちらかというとコントロール気味に立ち回って中盤から潜伏強化を始める方が理に適っている気もします。
ツバキなど、ごく普通に強力なカードともシナジーするところは評価出来ると言えるでしょう。

とりあえず、おもちゃ造りの一環として折角運営が用意してくれたおもちゃなので何がしらか形にはしようと思うのですが、今回運営があからさまに用意してくれたテーマの中で最も可能性を感じないのが潜伏ロイヤルだと私は思っています。
組んでみたら意外と強かった、とかだと手のひらクルーする可能性はありますが、うん、流石に弱そうだと思うんですね、はい。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。