【ダークネス・エボルヴ】先行カード「吸血鬼の古城」の考察

%e5%90%b8%e8%a1%80%e9%ac%bc%e3%81%ae
カード名:吸血鬼の古城
クラス:ヴァンパイア
カードタイプ:アミュレット
レアリティ:ゴールド
2コスト
自分のターン終了時、自分の場にフォレストバットがいるなら、さらに1体出す。出したあと、自分の場にカードが5枚あるなら、相手のリーダーに「自分の場のフォレストバットの数」と同じダメージを与え、このアミュレットを破壊する

発表当初の能力は、カウントダウン2がついており、かつ「出したあと」ではなく5枚なら破壊と打点の効果発動でした。
調整され、カウントダウンが無くなりフォレストバットを毎ターンずっと生成可能になった代わりに、盤面4枚でターンを終了しなければ打点を与えられない形になりました。

吸血鬼の古城の役割

フォレストバット生成機として仕事させるだけでもそこそこ強いです。
ですが最終的には出来れば3点以上のダメージを与えたいところ。何ターン生成機の仕事をさせてからバーンに使うのかなど、腕を要求されそうなカードだと予感しています。
フォレストバットを生成するカードが十分な枚数になったので、フォレストバットに特化した構築であれば腐ることはあまりなくなったのは強そうです。
ちなみに、予めこのカードを出しておいて、盤面空からクイーンヴァンパイアを出すと、サクッと割れて3点飛びます。

ヴァンパイアは優秀な軽量カードを得過ぎたので、フォレストバット多めの構築でさえ、このカードがマストインなのかどうか怪しくなってきていますが、間違いなく強いカードだとは言え、贅沢な悩みをヴァンパイア使いに提供しそうです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。