【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ホワイトパラディン」の考察

white

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89
カード名:ホワイトパラディン
クラス:ロイヤル
カードタイプ:フォロワー
タイプ:指揮官
レアリティ:ゴールド
3コスト 3/2 進化後 4/3
【守護】
進化後 【進化時】シールドガーディアンを「相手の場のフォロワーの数」と同じだけ出す

※シールドガーディアン 1コスト 1/1 進化後 3/3 タイプ:兵士 【守護】

3/3/2とスタッツは及第点。これに守護がついているため、単体でそこそこ使い勝手のあるカードだと言える。
進化すると相手の場のフォロワーの数と同じだけ1/1守護の兵士トークンを出せる。

ホワイトパラディンの役割

守護なので後半に引いても一定の役割は果たせるカードです。
進化時に相手の数だけシールドガーディアンを出せますが、ホワイトパラディンの攻撃前の数を参照するので、確実に相手よりも盤面の枚数を多くキープ出来ます。
相手が軽いカードを数出してくるデッキであれば非常に有効です。一方で相手の盤面がAP3が1体というような盤面ではほぼ機能しません。
このため、環境によって投入すべきかどうかが変わってくるカードだと考えられます。

エルフ、ヴァンパイアなどはサイズの小さいフォロワーを複数展開してきますので、その辺りの小型カードが流行っているようなら強いカードだと言えそうです。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。