【ダークネス・エボルヴ】先行カード「千年妖狐・ユエル」の考察

カード名:千年妖狐・ユエル
クラス:エルフ
4コスト 3/4 進化後 4/5
【進化後】自分のターン終了時、相手のランダムなフォロワー1体に1ダメージ。これを2回行う。

スタッツは4/3/4と標準スタッツ。
進化すると、ターン終了時にベビーエルフ・メイ相当の効果を2回発動することが出来ます。
特殊能力付きなこともあり、進化後のスタッツは4/5と+1/+1です。

千年妖狐・ユエルの役割

相手の盤面に体力1のフォロワーがいる時に進化すると、ターン終了時に能力で割ることが出来ます。
相手の進化後4/5スタッツのフォロワーを一方的に破壊したり、隣に体力1のフォロワーが並んでいたりすると複数体を破壊出来ることがあるため、効果はまずまずです。
また、生き残らせると厄介な能力になりますので、相手に対して破壊強要を行うことも出来るでしょう。

特に盤面を取り合うゲームでは、体力1残して相手の盤面を制圧するような動きが強いため、そのようなゲームにおいては非常に強力な効果を発揮するでしょう。
ただし、限定的な条件下で強いという程度のカードに枠を割ける程エルフのデッキ枠に余裕があるかという疑問や、進化後能力がもっと能動的に強いカードに進化を使いたいというケースが多そうなので、環境の主流にはならないような気もします。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。