【ダークネス・エボルヴ】先行カード「ユニコーンの踊り手・ユニコ」の考察

yunico
カード名:ユニコーンの踊り手・ユニコ
クラス:ニュートラル
2コスト 2/2 進化後 4/4
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。

ニュートラル2/2/2が強力なメリット能力を持って登場。
これが環境の基本水準となるということは、まだ発表されていない他のリーダーで追加されるであろう2/2/2も強力なテキストを持っている可能性が高そうです。ニュートラルに2/2/2のカードが他にもあったような気がしますが、解りやすい完全上互換と言えるでしょう。

…ファイターさんのこと、忘れないであげてくださいね(

ユニコーンの踊り手・ユニコの役割

2/2/2のカードが盤面に残って自ターンが返ってくるということは実のところあまり多くはありません。
このため、普通の試合展開においては実質バニラ2/2/2として機能することが多くなるでしょう。

このカードの本質はメタです。
アグロネクロ相手に残りライフわずかな状態になってしまい、盤面ではもう負けようがない状態なのにトップデモンストライクで死んだこと、カースドソルジャーで死んだこと、ファントム(ry ありますよね。
即時性がないため、対アグロネクロにおいて有効に機能する場面がそこまで多いかは絶妙なラインですが、2/2/2という最低限の仕事をこなせるカードでありながらこのようなリーサルを拒否出来る点は優れていると言えます。
また、アグロネクロ以上にフェイス色の強いデッキ(例えばアグロロイヤルなど)に対して盤面処理を強要することで、実質守護の役割を果たすことが期待出来ます。現時点のアグロデッキは割とかつかつで削り切るデッキが多いので、ユニコーンの踊り手・ユニコを出されることは致命傷となる可能性があります。

どんなデッキにでも入るカードというわけでも、どんな環境でも入るカードというわけでも全くありませんが、常に検討リストに入ってくるようなカードになってくると思います。2弾で持ってくるには随分と思いきったカードだなぁという気持ちですが、非常に面白いカードだと思います。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。