【ダークネス・エボルヴ】先行カード「詠唱:獣姫の呼び声」の考察

カード名:詠唱:獣姫の呼び声
クラス:ビショップ
カードタイプ:アミュレット
レアリティ:シルバー
2コスト
カウントダウン3
【ラストワード】ホーリーファルコン1体とホーリーフレイムタイガー1体を出す

※ホーリーファルコン 3コスト 2/1 進化後 4/3【疾走】
※ホーリーフレイムタイガー 4コスト 4/4 進化後 6/6

※リリース後の考察はこちら

詠唱:聖獣への誓いのカウントを1つ増やしたらホーリーファルコンもついてきた、というカード。
1枚で取れるアドバンテージ量はかなり多い。

詠唱:獣姫の呼び声の役割

天空の守護者・ガルラとのシナジーを感じやすいカードです。割れた瞬間に疾走が飛び出すので、ガルラの能力と合わせて5点入り、盤面としても強い盤面になります。
2ターン目に出すカードとしては少し遅過ぎると思うので工夫が要るかもしれません。
詠唱:聖獣への誓いは3ターン目に見習いシスターを出せばその場でホーリーフレイムタイガーが出てくるので盤面を取りやすくなりますが、このカードはカウントが長いためそうもいきません。
どちらかと言えばテミスの審判開けに一斉にアミュレットが飛び出すようにゲームを進める場合に調整させやすいカードという要素が強いかもしれません。
カウントの長いアミュレットは扱いが難しいですが、それに見合う程度のパワーは持っていますので、上手く扱いたいところです。
虹の輝きは絶許です。

ダークネス・エボルヴ先行カード評価ランキングへ

SNSでもご購読できます。