アルテマ杯優勝!あるじ式アグロドラゴンのデッキ紹介

今日はアルテマ杯に行ってきました。
BO1の星取り争奪戦で使っていたデッキの一つになります。
決勝トナメに進出したら使うつもりだったのですが、テンポエルフが全敗する素敵な1日だったので、見事に足を引っ張って予選落ちしました。
予選落ちで泣いてたところ兼ねてからの知り合いだった、らじやんさんが決勝トナメに行けそうだったので「もし決勝まで行けた時にBO5用のデッキが無い」と困っていたので授けてあげたところ優勝してくれました。
彼のデッキはテンポエルフとアグロドラゴンが私が作ったデッキでしたw
私の代わりに結果残してくれてありがとう!(悔しいけどw)

デッキレシピ:
3:ゴブリン
3:アイボリードラゴン
3:ユニコーンの踊り手・ユニコ
3:サンドストームドラゴン
2:ファイアーリザード
3:ムシュフシュ
2:ワイルドハント
3:竜の伝令
2:エンジェルバレッジ
3:ドラゴンナイト・アイラ
3:トリニティドラゴン
2:デモンストライク
2:デスミストドラゴン
3:ジークフリート
3:ダークドラグーン・フォルテ

デッキの思想

この構築、RAGE決勝に進まれたsoomya選手のアグロドラゴンを基礎にして、自分だったらどう組むかとカスタマイズしたものになります。
いつもはフェイスドラゴンと呼んでいるのですが、リスペクトで名称をアグロドラゴンと書いているのもそれが理由だったりw
構築の根幹となる部分はブレイジングブレスの不採用と、1/1/2の6枚採用。フォルテ確定サーチとワイルドハント2・ジークフリート3だと感じました。
その部分は同じ比率を維持しつつ、自分が回しやすいように構築し直した形となっています。

カードの採用について

ユニコーンの踊り手・ユニコ

実質守護みたいなものなので強いです。アグロデッキ同士でやる時に本領を発揮します。

サンドストームドラゴン

1コストカード中心のマリガンをしたいので、2コストカードを増やしたかったのですが、他の2/2フォロワーは実質バニラなことが多いので、バニラなら割りにくいこっち入れた方がいいだろうという感じです。
実際問題、割られずにターンが進んで進化3点まで行くことが多いです。バレッジとの相性も良いです。

デスミストドラゴン

エルフに強いカードなのですが、進化放置とかしないと森荒らしへの報いで割られて一気に戦局が不利になるハイリスクハイリターンカード。生き残るとワイルドハントやジークフリートとの相性が神な上、自身がトリニティドラゴンなので理不尽な強さを誇ります。
一方で全デッキから間接打点が飛んでくる時代なので、生き残れないことが多いです。デスミストドラゴンの効果を期待して戦略を組むと、割られた時は割と負けます。

死の舞踏不採用

死の舞踏自体はデッキと相性が良い上強力だし、伝令から4コストで撃てる死の舞踏も吐くほど強いのですが、アグロドラゴンに求められている機能の一つに超越ウィッチを狩ることがあります。竜の伝令によるフォルテ確定サーチが出来ないと、超越ウィッチを狩るという機能を上手く果たせなくなります。
アグロドラゴンの超越ウィッチに対する優位性を担保しているのはほぼフォルテで、フォルテを2枚以上引ければほぼ勝ちみたいな側面があります。ここの部分のメリットを失うのは、(特にBOXにおいて)致命的となるので、死の舞踏は採用せずにフォルテ確定サーチを優先しています。

ブレイジングブレス不採用

ロイヤル、ネクロといった、2/2/2を中心にゲームを進行するデッキに対しては非常に強力なのですが、1/1を数並べるエルフやヴァンパイア、そもそも触れられる2/2/2をほとんど出して来ないビショップなどが主流の現環境においてはあまり強くないカードと言えます。
それでも強いカードなので入れたくなるところではありますが、これ以上除去札に手札を割くとリソース切れを起こしやすいことや、それよりも1/1/2を優先したい都合から不採用としています。

総評

ちょっと前にドラゴンは冬を超えてコキュートスの時代に入ったと言いましたが、気のせいでした(ぁ
ランクマでも軽く回した感じ、普通に勝ててますし、今日のアルテマ杯でもアグロドラゴンは4勝1敗と高成績でした。
ランプ系のドラゴンに関しても現在考案中ですが、まぁまぁやれる構築が出来るんじゃないかという気はしているところです。気のせいだったらすみませんw

とりま、らじやんさん、優勝おめでとうございました!

SNSでもご購読できます。