竜巫女の儀式による超ドローを実現!ディスカードドラゴンのデッキ紹介

ディスカードドラゴンは最近ではめっきり見なくなってしまいましたが、初日に大暴れしていたデッキタイプです。楽しさが尋常ではない一方で、事故が多い、死神を引いて負けてしまうなどの問題点が多いデッキです。
とはいえ、普通に6割以上勝てたデッキではありますので、紹介してみたいと思います。

デッキレシピ:

3:ブレイジングブレス
3:ユニコーンの踊り手・ユニコ
3:新たなる運命
3:ドラゴニュートスカラー
3:荒牙の竜少女
3:ドラゴニュートフィスト
3:黄金竜の棲家
2:プリズンドラゴン
3:竜巫女の儀式
3:ハンプティダンプティ
3:ジークフリート
2:ノクシャスロアードラゴン
3:天翼を喰うもの
3:ダークドラグーン・フォルテ

デッキの特徴と使い方

竜巫女の儀式による超ドローを目指すデッキです。
実質ドロー枚数が同じになる黄金竜の棲家と竜巫女の儀式以外は何があってもフルマリガンです。
竜巫女の儀式をそこそこ早い段階で手札に入れないと何も強い動きが出来ないため、そこを引きに行くことが何よりも優先されます。
2PP3PPとアミュレットを置くのが理想行動なため、序盤に攻められることは多いですが、ドローが多いのでハンプティダンプティとドラゴニュートフィスト、ブレイジングブレスなどで一掃して盤面を取り返すのは比較的簡単です。

このデッキのメインのフィニッシャーは天翼を喰うものです。平均的に2桁スタッツの化け物になるので、1発通せば一気に勝ちが近づきます。この怪物が2ターン盤面に居座れば勝ちと言っても過言ではないでしょう。
ただ、除去が入っていないデッキというのはむしろ少数派ですので、天翼を喰うものでイージーウィン出来ることは少ないわけです。このため、本デッキにはサブのフィニッシャーとしてフォルテを搭載しています。
天翼で一発とフォルテ一発、荒牙あたりでジャスト詰ませられるゲームが多いでしょう。

このデッキの敗因として一番多いのは、そもそも竜巫女の儀式にアクセス出来ない負けなのですが、次に多い負けとして、圧倒的に優勢なのにデッキから死神を引いて負けてしまうことです。
手札を捨てる→ドローするのカードは一見すると、手札を捨てた時点で竜少女の能力が発動しそうなのですが、例えば黄金竜の棲家の処理の場合、

黄金竜の棲家の手札破棄

黄金竜の棲家のドロー

大抵先に置いてるから竜巫女の儀式ドロー

荒牙の竜少女のバーンダメージ

となります。新たなる運命などでも同様ですね。
この処理順のせいで、リーサル確定してるのに負けるという場面が多々起こります
手札破棄の瞬間にバーンが割り込むなら勝率5%ぐらい改善するレベルです。。。
最初は勝ったとガッツポーズ決めた瞬間にこの処理で死神引いて唖然としたものです(泣

なお、ドロー枚数が多く、プレイングの幅が尋常ではなくなるため、プレイングは難しいのですが、マリガンがクッソ簡単なので回すのは簡単な部類だと思っています。

カードの採用に関して

2コスト帯フォロワー全般

少し2コストフォロワーが多めの構築になっていますが、これはマリガンで2コストフォロワーや除去をキープしないためです。
荒牙の竜少女、ドラゴニュートスカラーは流石に確定として、ユニコを投入しています。これはこのデッキの主要な負け筋に序盤の打点レースでダメージを入れられ過ぎたせいで負けるというのがあるからになります。

新たなる運命

正直、このデッキの中で一番怪しいカードです。
竜巫女の儀式を引いて一回ドローが回り始めるとこのカードはもう不要です。手札を一回増やすために張った次のターンに使うことは稀にありますが、その程度です。その動きでさえ余程手札を捨てるカードに困って無ければオーバードローなのでやりたくない。
そんなカードなのですが、このデッキの最も有力な負け筋は竜巫女の儀式にアクセス出来ないことです。
フルマリガンで竜巫女の儀式にアクセス出来なかった場合、2ターン目運命で引きに行きます。
その動きのためだけに3投しているのですが、マリガンキープ対象では無いですし、本当に必要かと聞かれると少し怪しいカードだと思っています。

ダークドラグーン・フォルテ

このデッキは実質天翼ビートなのですが、デッキ枚数の都合上天翼は大体1回、運が良くても2回出すのが精一杯です。
このため、天翼を喰うものが処理された場合、リカバリするのが困難になります。
フォルテはそこまでのゲーム展開に関わらず、1枚でゲームを決め得るパワーカードなので、こうゆうカードパワーに依存したデッキに積むと非常によく仕事をします。フォルテが一番苦手とする守護を割るカードはこのデッキには大量に入っていますし、カードアクセスも膨大なので、フォルテの打点を通しやすい構築に仕上がっています。
また、天翼を防ぐために立てられた中型守護を割るために使っても良い働きをしやすいです。

竜呼びの笛の不採用

手札を増やして3コスト以下も大量に入るデッキなので、竜呼びの笛との相性は一見非常に良く見えます。
実際、強いこともあるのですが、黄金竜の棲家と竜巫女の儀式が盤面にある状態だと、さらに竜呼びの笛まで置いたらそもそもヘルフレイムドラゴンを出せる盤面が少なすぎるという…
効果永続のスペルにして欲しかった。。。

総評

強い弱い以前にめちゃくちゃ気持ちの良いデッキです。
天翼を喰うもので8枚捨てて8枚ドローしつつ14/14の怪物を降臨させる瞬間の気持ち良さは他のカードゲームを含めてもなかなか味わえないレベルの爽快感だと思います。
なお、竜の伝令で天翼確定サーチすることで、さらに天翼を安定させることも出来るのですが天翼を除去・バウンスされた瞬間にほぼ負けが決まるので個人的には弱い構築だと思っています。
また、あまりにもデッキ切れで負けることが多いので、サタンの投入も考えたのですが、デッキ引き切る時点でのPPって普通に10に達しないんですよね(汗

現状、フォルテを入れてもまだ打点が足りない試合が存在してますので、もう一工夫して黄金竜→竜巫女の儀式のマナカーブを成立させた試合ぐらいは必勝と言えるぐらいまで仕上げられればTier1返り咲きもあり得るデッキだと思っています。
環境的に遅いデッキが守護で全力で延命してくると思いますので、現状、このままの構築でランクマッチに持って行くには少し厳しい環境かなと思っています。

SNSでもご購読できます。