RAGE vol3 候補デッキ エイラビショップの紹介

結局RAGEで使わなかったのですが、使うことを考えて割と真面目に調整していた構築をいくつか紹介したいと思います。
第一弾はエイラビショップです。
RAGEの正解デッキの一つと言われたデッキはエイラセラフでしたが、セラフは入っていない型になります。

デッキレシピ:
2:ベルエンジェル
3:ラビットヒーラー
3:マイニュ
3:漆黒の法典
3:僧侶の聖水
3:詠唱:獣姫の呼び声
3:ヒーリングエンジェル
3:スレッジエクソシスト
3:エイラの祈祷
2:鉄槌の僧侶
2:ダークオファリング
2:レディアンスエンジェル
3:テミスの審判
2:ムーンアルミラージ
2:ダークエンジェル・オリヴィエ
1:サタン

エイラビショップを候補にした理由

テンポエルフに対するカウンターカードとして、現在ではエンジェルバレッジが非常に有名ですが、テミスの審判も効果のあるカードとなります。回復の無いデッキでは6PPで一掃しても厳しいかもしれませんが、エイラビショップには回復カードが豊富なため、バレッジ無しでもテンポエルフと戦える数少ないデッキの一つとなっています。
回復カードだけでは一方的に殴られていては流石に間に合いませんが、疾走ビショップと違ってフォロワーの多い構成であること、1:多交換を取れるカードを多めに積めることで、回復との相乗効果によりアグロ系の構築全般に有利を取りやすいデッキとなっています。

そんなわけで、アグロ系全般に有利が取りやすいこと、テンポエルフに有利をつけられることから採用を検討しました。
一方で、このデッキは冥府エルフ、超越ウィッチに対してはかなり苦しいデッキだと言えます。
超越ウィッチは少しカードをいじればメタれるので良いですが、冥府エルフが苦手なことと、冥府エルフが環境のトップに返り咲いてしまったことから採用を見送りました。

カードの採用について

詠唱:聖なる願いの不採用

手札が欲しいデッキではあるのですが、盤面をフルに使ってフォロワーを並べて殴り勝つデッキですので、死ぬほど邪魔です。
1ターン目に置ければ強いですが、後半引くと出せないので抜いています。

ユニコの不採用とマイニュの採用

エイラビショップは超越ウィッチが苦手ではありますが、獣姫エイラを虹の輝きで戻されなかったり、マイニュエイラから大型マイニュ進化で殴れれば勝てます。細い勝ち筋ではありますが、マイニュがいなければ必敗級のマッチを3~4割勝てるほどにまで高めてくれます。
一方でユニコは回復が遅いため、趨勢が決まった試合でしか仕事をしません。マイニュの代わりに入っていたら「ユニコファンデッキかな?」って思うレベルなのですが、当時の投入割合は凄かったです。

スレッジ3と僧侶2

アグロに対して強いエイラの強みを伸ばすために多めに積んでいます。
疾走ビショップにおいては僧侶の方が強いし、後攻4Tに限って言えば僧侶の方が強いことも多いのですが、このデッキはオリヴィエによる進化権回復を前提に組んであります。後半の大型フォロワーを破壊出来るスレッジの方が優秀ですし、スタッツの差はエイラの祈祷でかなりの程度意味を失います。

ダークオファリング

3積みたいレベルなのですが、腐ると困るので2枚。
聖なる願いを積みたくないですが、テミスやエイラ、オリヴィエに確実にアクセスしたいので積んでいます。
主な用途はホーリーフレイムタイガーを割って回復から4ドローと、エイラの祈祷でサイズが大きくなったカードを割って大回復+超ドローという使い方になります。
特別ドロソが多いデッキではないため、エイラで一度強化しきった大型フォロワーを除去られると一気にリソース切れしやすくなることがエイラにはあり、主要な負け筋となります。このため、サイズが大きくなったフォロワーをあっさりと生贄に捧げてドローすることでリソース勝ちしに行くことは多いです。
特にビショップミラーにおけるテミスケアとして使うことの多いカードです。

ムーンアルミラージ

サイズの大きくなったムーンアルミラージは確定除去以外では処理できません。フィニッシャーです。

サタン

当時の環境ではコントロール寄りのデッキが多かったため、特にエイラビショップミラーみたいなゲームでは死神を引くまでゲームをすることも少なくありませんでした。そうゆうゲームを拒否してきっちり勝つためのカードです。
オリヴィエで進化権が回復しますので、9-10のマナカーブで動くと尋常じゃなく強いです。

今の環境で使うとしたら

RAGEでエイラセラフが流行ったため、エイラセラフが環境に流入してくる可能性は高いです。
このため、この手のコントロールデッキを使うならオーディンの投入はマストになります。
コントロールミラーの発生件数が減っているので、サタン1→オーディン1、ムーンアルミラージ1→オーディン1あたりが丸い調整だと言えそうです。
オーディンは冥府に対しても一定の回答になりますので、かなり強いと言えるでしょう。

このような調整をすれば十分に今でも勝てるデッキだとは思いますが、超越ウィッチが相当不利で、冥府エルフも楽ではないので、環境に沿ったデッキとは言い難いです。ただ、強いデッキの一つであること、環境によっては解となり得るデッキだということを頭の片隅に入れておくと役に立つかもしれません。
あとはエイラを見ると勝手にエイラセラフ誤認してくれて8ターンに無理してくる可能性がありますので、そうゆうプリテンドとしてもありかもしれませんね。超どーでもいい補足としては、ダークオファリング気持ちいいのでストレス解消にも向いているかもしれません(

SNSでもご購読できます。