「天翼64ハンドレスドラゴン」を使ってみての考察

今日の昼間に物凄いデッキレシピが公開されました。
その名も「天翼64ハンドレスドラゴン」。界隈で最も話題に挙がらなかったゴールドレアの一つ「天翼を食うもの」を中心に据えた新手のドラゴンデッキです。

デッキ紹介はこちらで行われています。
デッキビルダーなら一瞬は頭に過ぎったことがあるであろう、ハンドレスからの「ドラゴニュートスカラー」や「黄金竜の棲家」というコンセプトをデッキのレベルまで洗練したものになるのですが、目を見張るのはデッキ構築の尖り方です。64の名が示す通り、5マナを廃した非常に尖った構築となっており、このデッキの芸術性の高さを押し上げているように感じました。

実際に使ってみた

こんな面白そうなデッキがあるのに使わないなんて、そんなの我慢できるわけがないので、実際にコピーして使ってみました。
どう考えても環境にはマッチしないデッキだと思うのでランクマッチは避けてフリプで。
そんなに回数はこなさなかったですが、とりあえず全勝出来たので、気持ちよさと合わせてなかなか面白いと思いました。

この構築を見てまず目を引くのは、「ドラゴニュートスカラー」や「黄金竜の棲家」と「天翼を食うもの」のシナジーで、「天翼を食うもの」を登場させてもこれらのカードがドロソの役割を果たすのでじり貧にならないという点が挙げられます。
ですが、手札交換系のカードと「天翼を食うもの」を両方引いてくるというのは要求される引きのレベルがかなり高いと言わざるを得ません。また、「ドラゴニュートスカラー」は間接打点による除去の優先対象になるため、生きて「天翼を食うもの」とシナジーし続けられる相手は限られています。また、仮にこれらのシナジーを完成させても、実際には都合よくマナを使いきれるドローが出来るわけではなく、無駄に二枚目以降の「黄金竜の棲家」を引いてくるなど、弱いドローをすることもあります。
これらの内容だけ見ると、「うーん」と唸ってしまいたくなりますが、実際にフリプレベルなら勝てているわけです。その理由は単純明快で、思ってたより「天翼を食うもの」本体が強いということだと思います。
手札1枚で+1/+1というのはパッ見手札効率の悪いバフなのですが、マナを使わずに一気にバフをかけているこの行為自体が盛大なマナ加速としての役割を果たすわけです。マナ加速含めて5ターン目ぐらいにサタンズサーヴァントみたいなのが盤面に降臨するわけで、対処出来なければ詰みですw
「天翼を食うもの」が即処理されなければ4-6のマナ勾配によってバリュー高めの中型がワラワラするまでの時間稼ぎにもなりますし、トップから引いてくるカードが「天翼を食うもの」以降のターンであれば大体場に出せ、しかもバリュー高めのカードだけで占められているというのがこのデッキの強みでしょう。
逆に「天翼を食うもの」を引けなかった場合、バリューが高めの中型を採用しているとはいえ通常のドラゴンデッキと比べればパワーが落ちるわけで、かなり苦しい戦いを強いられると考えて良いでしょう。マリガンで残すには少し厳しいカードなので、この辺りは引き依存の高いデッキだと言えると思います。
10マナまで加速してしまえば、中型ワラからのハンドレス→2ドローで中型ワラを継続しやすくなりますので、勝ち筋は大きく分けて天翼と中盤をバリューカードで凌いでの10マナ中型ワラの二パターンになるかと思います。

リーダー別所感

そんなに沢山回さなかったので、多分にエアプが混じっていますので、大嘘をついている可能性がありますが、大目に見てください(ぁ

対ロイヤル
環境に一番多いデッキですが、非常に苦しい相手だと言わざるを得ないでしょう。
ファフニールや灼熱の嵐を搭載していないデッキなので、小型にワラワラされて打点を入れられると処理困難です。
また、天翼に対しても守護で時間稼ぎしやすいデッキ構成の上、最近主流のロイヤルにはツバキが入っています。
流石に天翼の返しツバキは不可能なので、このマッチはかなり不利だと言わざるを得ません。

対ネクロ
大型除去がない型がほとんどなので、比較的御しやすい方だとは思います。
アグロネクロに対しては速度が間に合うか少し怪しいですが、ミッドレンジネクロに対しては最速級の死の祝福がなければ天翼ルートを取れている場合問題ないでしょう。天翼を引けていない場合、加速込み10マナに達する前にモルディカイなどの面倒なフォロワーが降臨している可能性は高く、苦しい展開にはなるでしょう。

対ドラゴン
こちらも除去がないので天翼を出せればかなり有利です。
ただし、ドラゴンは中型大型守護を多めに採用していることも多く、天翼でフェイスを殴れない間に守護で凌がれて大型まで繋げられると勝負は解らない気がします。天翼の翌ターンに出すカードを進化させて天翼本体の体力を維持しながら守護を割ると打点を叩き込みやすく、楽な試合展開になりやすいと思います。

対エルフ
天翼を返す手段が豊富ですし、中型ワラを決める頃には冥府が決まるので、ロイヤル以上に無理な相手だと思います。
相手がプレイヤーとして弱いケースも多く、新デッキの強みである解らん殺しで頑張る感じになると思います。

対ビショップ
天翼の返しにテミスや破邪の光、エクスキューションをされる確率が高く、非常に厳しいと思います。
ビショップにとっては最も御しやすい部類に属するデッキであると考えられるため、相性は絶望かなと思います。

対ヴァンパイア
天翼が黙示録を耐えるので、処理手段が乏しく、比較的やりやすい相手なのではないかと推測されます。
中型ワラに関しても黙示録ぐらいしか返す手段がなく、返してもハンドレスからまた沸くため、非常にヴァンパイア側はやりにくいのではないかと思います。
リソースが枯渇しない中型ワラデッキなんて、ヴァンパイアにとっては悪夢のようなデッキなのではないでしょうか。

対ウィッチ
ウィンドブラストを2発ぐらい撃てれば天翼を返せる可能性はありますが、ドラゴニュートスカラー確認からフェイスドラゴンと誤認する可能性は高く、誤認すればウィンドブラストを使ってでも当然ドラゴニュートスカラーを優先処理しますので、天翼を綺麗に返せるケースは多くないと素則されます。
一方で天翼を引けなかった場合、10マナで中型ワラする行動を返せる手段はウィッチ側にないものの、それだけターンの余裕を与えれば当然超越が間に合う可能性はあるでしょう。
天翼キープが現実的なマッチングなのかなと推測します。(当然、ウィッチと当たったわけはないので安定のエアプですw)

総評

環境の流行りデッキに対して割と厳しいマッチングが多く、「うは、最強www勝てまくるwww」みたいなことにはならないと思います。
ですが、既存のTierランキング内のデッキと比べて大きくパワーが劣るということも無さそうで、非常に新しく、面白いデッキということもあって採用者が一定数出てきても不思議のないデッキという気はします。
とにかくデッキの構成が見ているものを気持ちよくさせる面白い造りになっており、こうゆうデッキがいくつもあるとシャドウバースそのものがもっと楽しくなるだろうなぁ、という気持ちになる非常に良いデッキだと思いました。

SNSでもご購読できます。