封じられし熾天使による特殊勝利!コンシードビショップのデッキ紹介

折角なので、初日に構築して勝ち越せたデッキを紹介してみようと思います。
封じられし熾天使のカウントを進め、栄光のセラフ・ラピスの特殊勝利条件を満たすデッキですね。
まぁ、今更説明する必要もない気はしますがw

コンシードビショップに関しては、自分よりよっぽど結果を残した人のレシピが既に結構挙がってて、今更感凄いのですが、他の人の構築と結構違うようなので、こんなのもあるよ、という感じで。
単純にコンシードビショップ使いが一度通って、「弱い」と切り捨てただけの可能性もある構築なので、そこのところはご注意くださいw

2:ベルエンジェル
3:スネークプリースト
3:マイニュ
2:天界の忠犬
3:漆黒の法典
3:見習いシスター
3:プリズムプリースト
3:スレッジエクソシスト
3:治癒の祈り
3:鉄槌の僧侶
3:ゴブリンマウントデーモン
1:レディアンスエンジェル
3:カグヤ
3:テミスの審判
2:封じられし熾天使

デッキの特徴について

全力で守りを固めて封じられし熾天使を展開し、特殊勝利することだけを目指した構築です。
コンシードビショップは封じられし熾天使を場に出すターンが大きな隙となるため、

・封じられし熾天使を出した返しの猛攻でリーサルされないようなライフを維持する
・予めカウントアミュレットなどを置いておき、封じられし熾天使を出すターンにそれらで守護を立てる/除去る

などの方法で身を守る必要があるのですが、この構築ではカグヤを採用することで身を守ろうとしています。
進化カグヤはラストワードでうたかたの月を場に出し、相手の最も攻撃が高いフォロワーの攻撃を1に出来ます。また、本人のスタッツが高く、場合によっては封じられし熾天使を出したターンを生き残った状態で迎えられることもあります。
当然、カグヤを引けない試合も多々存在しますので、それ以外のカードも全力で守りを固めるような構築にしており、ライフロストをなるべく抑えながら戦えるようにしています。

当初の環境では、冥府エルフや超越ウィッチなど、特定のターン以降になると致死率が急増するデッキが多いと想定されました。
このため、封じられし熾天使を絶対に8ターン目に出したいと考えました。
そのためには3投しただけでは全く足りないため、プリズムプリーストによる封じられし熾天使の確定サーチが可能な構築にしてあります。
プリズムプリーストはマリガンでのキープも可能なカードなので、こう構築することで封じられし熾天使へのアクセス率を飛躍的に高めています。
また、2枚以上手札に来て腐るのもきつい封じられし熾天使本体の枚数を2枚に抑えても十分封じられし熾天使にアクセス出来る状態にしてあるのもポイントです。

封じられし熾天使を展開した後は治癒の祈り、見習いシスターを使ってカウントを速めて迅速にゲームクローズに向かいます。
治癒の祈りは地味にうたかたの月のカウントまで進めてしまうアンチシナジーがあるため、うたかたの月がまだ必要な場面では自重することも計算に入れましょう。

ちなみに、コンシードってのはサレンダー、降参と同義の言葉です。
恐らく、栄光のセラフ・ラピスが展開された状態でターンを返すとその瞬間に負けが確定するため、降参せざるを得ない状況を作るというところが語源だと思います。セラフビショップという言い方もするんですかね?
もしかして、コンシードビショップっていう言い方の方がマイナー???

カードの採用に関して

マイニュの採用とユニコの非採用

コンシードビショップが守りのデッキであることを考えると、ユニコーンの踊り手・ユニコの回復能力と相性が良い気がします。
実際、ユニコを出された返しに1/1が2体並んでいるような盤面だと2体使って排除する必要があり、辛い展開を強いられます。逆に森荒らしへの報いを始めとした除去に弱く、それらを用いれば容易にテンポを取ることが可能です。
一方でマイニュを使うと確実に相手フォロワーとの交換が可能です。
ユニコは成功時のメリットが大きく、裏目も痛い一方で、マイニュは平均的に仕事が出来るといった感じです。
相手が除去をマリガンキープしない読みならユニコの方が強いと言えますが、忠犬の採用、ユニコ採用構築の比率の高さなども考えると対面ビショップ時の除去キープの正当性があるため、私は安定して強いマイニュを採用しています。

カグヤの採用

正直、このデッキの中で一番微妙な枠かもしれません(ぁ
初日の環境だとディスカードドラゴンが多く、天翼の弱体化などにより、エンドカード級の働きをしたのですが、テンポエルフの軽量展開に対してカグヤは何の回答にもなっていません。
現在の環境を見渡すと、テンポエルフそのものよりも、テンポエルフを意識したメタ構築の方が流行っているようなので、逆に一周して重い構築にガン刺さりして強い可能性もあるのですが。

総評

正直、テンポエルフに対して有利がつけられる構築になっていないので、テンポエルフ多いなと思ったらこの構築のコンシードビショップはオススメ出来ません。
この構築以外にもコンシードビショップの型としては、死の宣告などを積んだ除去による隙消しコンシードビショップや、疾走ビショップを基調とした攻撃的な構築に紛れ込ませ、押し切れなかった時のサブの勝ち筋として封じられし熾天使を利用する型もあるようです。(というか、この2種の方がメジャー。)
前者の構築はダークオファリングでも上手く使えない限り、封じられし熾天使が割と安定しないと思うんですが。8ターン登場に拘らずに時間をかけてでもいつか置ければ良いという考え方なんですかね?ターンを増すごとに守り切る難易度は挙がると思うんですが…
後者の構築はそもそもコンシードビショップというよりはハイブリッドビショップといった感じな気がしますね。

封じられし熾天使確定サーチを利用した構築はあまり目にしなかったので「こんな構築もあるよ」という参考までに紹介して見た次第です。
例えばエルフが多いならこれにエンジェルバレッジを積んでみるなど、環境のメタによって、柔軟にデッキを組み替える必要もあるでしょうし、まぁ、デッキ考案の種としてこんなのもあるんでどうですか、という提案ということでw

SNSでもご購読できます。