RAGE vol3 day2進出!疾走ビショップメタ疾走ビショップのデッキ紹介

RAGEのday2進出のために働いてくれたもう一つのデッキが疾走ビショップです。
疾走ビショップに関してはアグロデッキの一種として捉えている人が多いようですが、私はミッドレンジデッキの一種として考えているため、構築もそうゆう色のある構築になっています。

デッキレシピ:
3:詠唱:白翼への祈り
3:詠唱:聖なる願い
3:マイニュ
2:天界の忠犬
2:気高き教理
3:漆黒の法典
3:詠唱:神域の守護者
3:詠唱:獣姫の呼び声
3:エンジェルバレッジ
3:見習いシスター
3:詠唱:神鳥の呼び声
3:鉄槌の僧侶
2:死の舞踏
1:ムーンアルミラージ
3:天空の守護者:ガルラ

何故疾走ビショップを選択したか

テンポエルフの公開後、最初に研究をしたのはエイラビショップでした。
当時はメタ関係とかは関係なくまずは、「エルフが強いのは解った。次に強いリーダーは誰だ」と考えて白羽の矢を立てたのがビショップだったわけです。一応当時の主要デッキは全て試しましたが、一番可能性を感じたのがエイラビショでした。
それなりに強いエイラビショップを開発して悦に入ってたのですが、そうこうしているうちに疾走ビショップが台頭してきました。

台頭してきた当時「エイラビショップでメタれるからカモじゃね?じゃんじゃん来てくれ」と思っていたのですが、あまりにも環境に増え過ぎて不審に思ったので真面目に組んで試したところ、エイラビショップに別に不利ついてないよねという結論に達したのと、冥府エルフに強そうという印象で乗り換えを検討し始めました。

なんだかんだ環境に存在するアーキタイプは全て試したので、疾走ビショップの研究だけを進めていたのではないのですが、調整会の中で大きな問題として、テンポエルフに明確な有利を付けられて超越冥府に酷い不利を取られないデッキが存在しない問題にぶち当たりました。
2週間前ぐらいの段階では、環境がテンポエルフと疾走ビショップで溢れており、この2デッキに勝つことが最も重要な命題でした。
それを可能に出来たデッキの中で、冥府エルフ、超越ウィッチと戦えるデッキが疾走ビショップしか存在しなかったというのが疾走ビショップの選択理由でした。
加えて、超越ウィッチに対してはホーリーフォックスグリモーやシュラインナイトメイデンによって圧倒的な優位を築けるため、冥府エルフは楽ではないけど、テンポエルフ、疾走ビショップ、超越ウィッチのどれが来てもほぼ確実に抜けるデッキとしての疾走ビショップの開発にリソースのほぼ全てを割いていた感じです。

最終的に疾走ビショップに対して勝たなければいけないのは変わらずでしたが、冥府エルフの人口がテンポエルフの人口を大きく上回ってしまったため、大きくデッキを調整する羽目になってしまい、上記構築は色々と妥協した構築になってはいるのですが、テンポエルフに対する優位性、冥府エルフに対する耐性、疾走ビショップミラーは大体勝てる(プレイング込みでw)という一定のレベルはクリアした構築になっています。

カードの採用について

エンジェルバレッジ3枚について

ぶっちゃけ、エンジェルバレッジ積まないと疾走ビショップでテンポエルフに有利付けるのは無理です(ぁ
というか、バレッジ撃たずにテンポエルフに有利取れるデッキというのがエルフ以外にはほとんどないというのが正しいです(ぇ
このため、エンジェルバレッジを3投して不自然さが出ないデッキを選択する必要が生まれました。
疾走ビショップは獣姫を始め、AP4のカードを盤面に並べることが多いです。
このため、進化4/5のカードにAP4を殴られて体力1状態で残っている状態というのが非常に多い。
このおかげで、エルフやヴァンパイア以外のデッキに対してもエンジェルバレッジを刺しやすく、汎用AOEとしてバレッジを採用できるのが魅力でした。
エンジェルバレッジをただ積むというのはデッキのパワーを著しく下げるため、エルフヴァンプに刺す以外の説明が出来ないのであれば基本的には抜くべきだと思っていますが、疾走ビショップのエンジェルバレッジには正当性があります。

詠唱:神域の守護者

このデッキの最重要パーツです。
テンポエルフと疾走ビショップに対する優位性の象徴。自分の盤面にアミュレットを並べている間に展開させ、守護者を貼ってから僧侶やバレッジで一掃すると一気にゲームを優位に進められます。
疾走ビショップにおける詠唱:神域の守護者採用率はほぼ0だったことは事前のJCGのデッキなどで確認済みでしたが、ルーザーズファイナルの配信見てたら同じ思想のプレイヤーがいたので驚愕しました。
ちなみに、エンジェルバレッジだけではテンポエルフにまだ不利なので、守護者まで入れてやっと有利つけられますw

気高き教理が2枚

よく、2T獣姫→3T教理というムーブを最強ムーブだと言ってる人がいますが、全く共感しません。
疾走ビショップはアグロデッキとして捉えると獣姫を早いターンで貼れないとそれだけで弱いデッキになり、採用水準に達しません。
アグロデッキとして捉えるなら2T獣姫→3T教理というムーブは確かに強いのですが、ミッドレンジデッキとして捉えるとコストの無駄遣いです。3Tは教理を撃つより神鳥の呼び声を貼る方が強いと言えます。
教理は後半に引いたアミュレットが仕事しないせいで負けるのを防ぐカードとしての側面の方が強いと考えており、初手で欲しいカードではないので2枚です。
相手によっては獣姫教理をしたい場面もありますので、マリガンは相手によって考える形になります。

天界の忠犬が2枚

気高き教理同様、2ターン目に使いたいカードではないから2枚。
聖獣への誓いなどに変えたかったのですが、アグロ系のデッキが受からなかったので渋々最大パワー下げて採用しました。

見習いシスター

このデッキはミッドレンジデッキなので、プリズムプリーストなどでリソースを確保しながらゆるりと戦いたかったのですが、そうゆう悠長なことをやっているとアグロデッキにボコされると解らされたので、見習いシスターで展開を早めることでアグロと当たっても戦える構築にすることを優先しました。

漆黒の法典3枚、死の舞踏2枚

元の構築では漆黒の法典2枚の死の舞踏枠はシュラインナイトメイデンだったのですが、冥府エルフのティアがあまりにも受からなかったので渋々積んだ枠です。疾走ビショップVS冥府エルフの練習自体はかなり早い段階から当然やっていたのですが、私自身が上振れまくってたことに気付かず、「疾走ビショップで冥府エルフ余裕www疾走ビショ最強www」とか残念発言を重ねて見誤っていたため、最終確認の段階で気付いて血を吐いてました。
この辺りを積んだことで、並の冥府エルフ使いになら微有利以上はつけられたと思います。(身内に冥府エルフのスペシャリスト級がいないのでスペシャリスト戦は怪しい。)

総評

環境に最も多い疾走ビショップを狩るデッキとしては悪くない構築に出来たと思います。
実際、RAGEでは疾走ビショップミラーは何回か発生しましたが危なげなく全勝しました。
ただ、疾走ビショップの強さを誤認してしまっていたために最後の最後で妥協調整をする形で本番を迎えてしまったのは心残りです。
この構築も実際会場の中で上位の構築だったとは思いますが、今から一週間貰ってもう一回RAGEに出るなら別のデッキを使いますねw

SNSでもご購読できます。